全然変わらない!どんどん綺麗になってる整形してない芸能人まとめ

 - Beauty, アイドル, コスメ・メイク, モデル, 女優 , , , , , , ,

演技力抜群!!吉高由里子のプロフィール詳しくまとめちゃいました

Source: http://topicks.jp/11451

整形をすると年齢と共に不自然な皺ができてしまったりして、いわゆる「崩れて」しまうことが多いようですが、天然の方々は面影を残したまま自然とその年齢にあった姿になっていくようです。そんな整形していない芸能人について見ていきましょう。

◼︎ 美しすぎる、実力派女優・仲間由紀恵

 

ウソ!仲間由紀恵って整形してる?目も鼻も、昔の顔と全然違うよ

http://jinfo.jp/archives/2409


仲間由紀恵と聞いて知らない人はいないのではないでしょうか。日本を代表する女優さんです。工藤静香さんに憧れて芸能界入りを考えていた仲間さんはドラマ出演や映画、舞台などで活躍を重ね、着々とキャリアを築いていきます。中でも有名な作品は「TRICK」「ごくせん」で見たことがある人も多いのではないでしょうか。「TRICK」では阿部寛さんと共演、個性的な主人公を演じ、話題になりました。

また、「ごくせん」シリーズでは任侠一家で育った熱血高校教師という役を全シーズン演じきり、高視聴率を獲得するなど、学園ドラマでも異色の活躍を見せます。またそれに伴い、NHK大河ドラマにも当時最年少で抜擢、演技力が高く評価され始めます。その他にも多数のテレビドラマに出演し、実力派女優として活躍しています。

そんな彼女は長い黒髪がトレードマーク。デビュー当時から髪はワンレングスで「髪が美しいと思う日本の有名人」で堂々の一位に選ばれたこともあります。パナソニックの「きれいなおねえさん」シリーズで見せた黒髪がなびく映像は加工などを一切行わず撮影されたものだそうです。時代劇などの髪型も、ほとんど地毛で挑むなど、彼女の髪は大きな魅力の一つですね。

そんな仲間さんは、「綺麗に年を重ねている印象」「元が綺麗」「中学生の時から美人でかわいい」と女性の間でも人気なんです。卒業アルバムの写真を確認しても、不自然な点はなく、とても綺麗。沖縄の生まれということも関係有るのでしょうか、こんな風になりたいと思う女性も多いのかもしれません。

◼︎ 様々な場面で活躍を見せる深津絵里

 

ユー・ガット・メール (3) パソコン (1066) 竹内結子 (217) やっぱり深津絵里っていいよね!っと思わせるオススメ映画【3選】

http://topicks.jp/70308


深津絵里さんといえば、こちらも実力派女優。ナチュラルなメイクで、刑事や警官をこなし、過去には三蔵法師の役も話題となりました。演技派女優として当初はドラマでおしとやかな女性や内気な女性の配役が多かったようですが、歳を重ねていくごとに女刑事や熱い女性記者などちゃきちゃきした役もこなしていくようになります。小さい頃からショートヘアで、黒髪が特徴的な方です。役によってヘアスタイルを変えることはありますが、基本的に髪は染めない主義なんだそうです。

本人曰く「自分の眉と瞳の色には黒い髪があっていると思うので」という、こだわりを持って仕事をされている方のようです。ほくろやそばかすがチャームポイントで、彼女の演技や存在に欠かせない「らしさ」にもつながっている様子。代表作は「踊る大捜査線」「西遊記」「悪人」など、様々な演技を見せます。特に踊る大捜査線では主人公役の織田裕二と共に正義感あふれる女刑事としてその手腕を発揮しました。この印象が強い人も多いのではないでしょうか。

また「悪人」では、主人公で殺人者の役を演じた妻夫木聡と共に、逃亡する販売員の女性役を演じ、モントリオール世界映画祭では最優秀女優賞を受賞しました。彼女の実力が世界に認められ、歳を重ねるごとに演技力には深みが出てきています。そんな彼女ですが、デビュー当時は印象が異なり、研ぎ澄まされ垢抜けたというような印象を受けますよね。顔立ちも変わっていないように見られますし、このまま活躍を続けていった貰いたいですね。

◼︎ 日本を代表する大女優、吉永小百合

 

【年齢は?】吉永小百合の画像まとめ【美しさの秘訣は?】

http://laughy.jp/1423405307998127886


サユリストという言葉に覚えがある方は、彼女の活躍をよくご存知の方でしょうか。吉永小百合さんは日本の大女優にして歌手でもある、知らない人はいないというほどの有名人です。長く女優として活躍されているため、様々な人々との関わりも多く、川端康成、石坂洋次郎といった文豪とも交友関係にあったそうです。

そんな吉永さんは清純派として「お嬢さん」と呼ばれるような役も多く演じられてきましたが、歳を重ねるごとに多様な役を演じるようになったようです。NHKドラマの夢千代日記では大人の女性として内的な感情を豊かに表現し、この頃から大女優としての風格を持ち、高い評価を受けるようになったと言われています。

また日本の政治や現状に対してコメントすることや、自分の思いを公に発言することもあり、知性に富んだ大女優としてその姿は国民にも影響を与えるまでになりました。最近の映画では「母と暮らせば」「ふしぎな岬の物語」といった名作に出演。特に母と暮らせばでは主役をつとめ、共演した二宮和也さんと共に日本アカデミー賞を総嘗めにしたとして大変な話題となりました。

そんな彼女に整形という文字はタブーに感じられますが、そもそもの過去の顔立ちをみても大きな変化はなく、美しく歳を重ねた大女優という印象を受けます。

◼︎ まとめ

 

橋本環奈「最近女子力を上げようと思ってるんです」|表紙の人

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/346/346252/


芸能界に整形していない人なんていないんじゃないかというはなしもありますが、実際はそうでもないかもしれません。成長するに連れて人の顔立ちは変化していくものだと考えられますが、実力派として長く映画やドラマ、舞台で活躍されている女優さんは特に、そういったことをしている方は少ないように思います。

また、日本は島国ですが、西の顔立ちの人ほど目が大きく、はっきりとした印象になるようで沖縄や福岡といった九州地方の女優さんやタレントさんは、整形をしている人が少ないように考えられます。これにはやはり血が関係しているように思えてなりませんね。

今回上げた女優さん以外にも、天然美人と言われるタレントさんは多くおられます。最近ですと、アイドルとして活動されている橋本環奈さん、AKB48を卒業して女優として活躍されている大島優子さん、マルチに活躍されている佐々木希さん、女優としてめきめき頭角を現している吉高由里子さんなど、日本の女性はやはり元から美しいという方も多くいるようです。

ここで整形しているかしていないか、見分けるポイントがあるようなのですが、その中でも一番わかりやすいのがすっぴんを確認することではないでしょうか。反対に言ってしまうと、普段から化粧の濃い方はちょっと怪しいかもしれません。演じる役やイメージ戦略などであえて濃いメイクをしている方もおられますが、すっぴんの不自然さを隠すために整形後のメイクは重要と考えられています。不自然な皺や顔が少し腫れて張っている様子が見られれば、整形の可能性もありますよね。

また一重の人でもアイプチをしていたら目の大きさが変化しますし、最近では整形の技術も上がり、見分けるのが難しいと言われますが、自然でナチュラルな印象のタレントさんは、整形などはしていないのかなと考えやすいですよね。芸能界に入るときに事務所に言われて整形するなんて噂もありますし、本当のところはどうなのかわかりませんが、そういった芸能界の整形に関する裏事情は気になるところではあります。

久しぶりに見て随分印象が変わったというタレントさんがいれば、それはもしかしたら整形したのかもしれませんし、「垢抜けた」だけかもしれませんから、はっきりとしたことはわかりません。しかし印象の変化には必ず原因があるはずですから、何が変わったのか考えながら番組を見てみるのも面白いかもしれませんよ。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
要潤の妻・松藤あつこはやり手の実業家で年収7千万!でも黒い噂って…?
整形は当たり前?整形した疑惑の芸能人の顔まとめ
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

《偶像日本キュレーション部》

演技力抜群!!吉高由里子のプロフィール詳しくまとめちゃいました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。