坊主から女装まで…七変化どころじゃない、菅田将暉の髪型を振り返る

 - Beauty, ヘアスタイル, 俳優 , , ,

https://twitter.com/kuragehimemovie

Source: https://twitter.com/kuragehimemovie

菅田将暉さんはイケメン俳優と同時に演技派俳優でもあります。奇抜なファッションで話題になったり、役作りで坊主にしたり、髪をピンクに染めたりと話題を欠かしません。そんな彼の驚くべき髪型の変貌をご紹介!

菅田将暉の髪型でカタログが作れる?!

菅田将暉さんの演技に対するストイックさは度々話題になります。映画『海月姫』では女装する男性役では10kg以上やせたり、朝ドラの『ごちそうさん』で野球少年を演じるためには髪を坊主にしたり、2016年に公開された映画『ピンクとグレー』では、赤く染めるなど、短期間ですさまじい変貌を遂げています。髪の色はもちろんのこと、坊主からロングまで変わり続ける髪型は、一人で髪型のカタログを作ることが出来ると言われるほどなのです。

役によって変わり続ける髪型

朝ドラの『ごちそうさん』では坊主にしてしまった菅田将暉さんですが、それだけではありません。映画『明烏』ではなんとアフロ姿で出演し、ドラマ『ちゃんぽん食べたか』では最近流行っているオシャレなものではない、昭和ヘアの七三分けを披露しました。最近のauのcmでは鬼ちゃん役としてアッシュグレーにカラーリングするなど変幻自在さを発揮しています。

ファッションと髪型

菅田将暉さんの髪型が七変化するのに合わせて、ファッションも様々変わります。特に、菅田将暉さんのファッションは奇抜で賛否が別れるほど。昭和チックだったり、スタイリッシュだったりと髪型以上に変わった装いをしています。髪型に合わせて、カチューシャをしてみたり、ピンで止めてみたりと挑戦的なファッションを数多くしています。そんな様々な服装や髪型が似合うのは、やはり菅田将暉さんだからでしょうか。

まとめ

菅田将暉さんの髪型は役作りのため、そしてオシャレのために絶えず変わり続けます。変わりすぎて、イメージがつかめなくなるくらいかもしれません。初主演作の仮面ライダーでは長めの髪でしたが、朝ドラの野球少年役のときは一転して、さっぱりとした坊主姿。明烏での役柄ではアフロ姿にしていましたし、ピンクとグレーでは赤髪に染めていました。彼の役作りのために時には髪を染め、時には坊主するなど、一切躊躇しない姿がファンをとりこにしているのかもしれません。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

https://twitter.com/kuragehimemovie

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。