みんなが気になる芸能人ゴシップニュースについて迫ります

 - Entertainment , ,

三船美佳さん(33)と高橋ジョージ(57)の離婚成立!

Source: http://urx2.nu/u8s2

華やかでなんとなく憧れる芸能界。そんな憧れの世界も実は足の引っ張りあいです。芸能界も会社と同じで人の集まりですものね。そんな芸能ゴシップニュースについて触れていきます。

元野球選手清原和博さん、脚を切断か?

なぜ清原和博容疑者は引き返せなかったのか 身近な人たちは、いったい何をしていた?

http://urx2.nu/u8rK

一連の薬物事件で起訴された元プロ野球選手の清原和博さん。2016年3月17日には保釈され、その後持病である糖尿病の治療を行うために千葉県内の病院に入院したと言われています。これに対して「薬物治療を行う気がないのではないか」といった批判の声もありますが、糖尿病の治療こそが先決だと医療関係者は言います。清原さんは予てより糖尿病を患っており、血糖値の数値が900及ぶこともあるなど、かなり重度の糖尿病として診断されていたようです。一般的な糖尿病患者が所持している検査キットでも目盛りの上限は600と言われているので、この900という数字はとんでもないことだと言われています。過去入院した際には日に3回のインスリン注射で血糖値の安定を図っていたようですが、これも低血糖症の危険があり、必ず医師の監督下で行われていたようです。またこういった低血糖症の症状にはおかしな行動や発語の困難、発汗や震えといった様子が見られ、逮捕直前の清原さんの様子と一致する点も多く、一概に薬物使用のみとも言い切れません。薬物中毒者には糖尿病を発症しているケースも少なくはないようです。そうして体の一部を切断することになっても、薬物立ちができず、更に金銭面的な問題がのしかかってくると、その苦しみから逃げようとまた薬物に手を染めるという負のスパイラルに陥ってしまうことも考えられます。低血糖症による苛立ちで素行も悪かったという清原さん。逮捕されたばかりの時は薬物依存を隠す言い訳ではないのかと批判されることも多かったですが、今後の人生を考える際には糖尿病を放置して脚を切断するようなことがないよう、治療が先決だったのかもしれませんね。

元AKBの大島優子さんが個人事務所を設立?

元AKB48で現在は女優・タレントとして活躍する大島優子さんが自身が取締役を務める個人事務所を設立したとのこと。この個人事務所設立に関してバレてしまった原因というのが、銀座のアパレル店で買い物をした際の領収書の宛名だったそうです。数店の服を購入した際に、領収書の宛名を個人事務所の名前「ビッグアイランドで」と頼んだことから、アパレル店員が気づいた様子。あまりに単純な会社名にしたこともあり、事務所との独立か?と一時は騒がれましたが、その目的は「節税」だったようです。会社としては主に不動産売買や賃貸、美容品の企画が明記されており、芸能活動以外のビジネスを展開予定としているようで、所属事務所の太田プロとの関係は極めて良好な様子。

所属事務所から個人事務所にギャラを振り込んでもらうことで、それを給料として受け取れば、諸々の税金を安くすることができ、衣装代や交通費も経費として計上できます。税金対策ばっちりで、AKBを卒業してからもマルチに活躍し続ける彼女。主演舞台など、大島さん自身が主役となって活躍する機会も増えています。AKBの一時代を築いてきた彼女は、今後の芸能活動にも期待です。

三船美佳と高橋ジョージ、またも泥沼化?

高橋ジョージさんとの泥沼離婚訴訟問題は、和解という形で終息に至ることができた三船美佳さん。和解会見での散々な発言に、ワイドショーや週刊誌では賛否両論の報道が繰り返されましたが、本人は現在「離婚ハイ」な状況のようです。映画のプロモーションでは支離滅裂な発言、ちょっとハイになりすぎてると自分でも自覚はしているようです。

そんな中、新たな問題がひっそり浮上しています。それは高橋さんと一緒に暮らしていた豪邸をめぐる財産分与問題の解決について。この件に関しては未解決で、可能性として法廷闘争が行われることもあり得ると考えられています。高橋さんと三船さんは2008年に世田谷区の住宅街に土地を購入し、新居・音楽スタジオを建設しています。この豪邸の権利は高橋さんと三船さんが分け合っているのが現状で、この土地や建物をめぐる財産分与問題が放置されているんだそうです。こじれてしまった二人の関係を考えると、これに関しても裁判沙汰になる可能性はあります。

三船さんの事務所は「これまで通り、バラエティ番組のコメンテーターを中心として、頂いた仕事を一生懸命やらせていただきます」と発表していますが、三船さんもあまり呑気に構えていられないというのが現状です。またこの一連の騒動に際し、高橋さんのモラハラに関する問題が浮上しましたが、「本当に原因はモラハラなの?」といった意見も多数。最初は高橋さんが一方的に叩かれているばかりでしたが、次第に三船さんや三船さんの母で大阪で共に暮らす女優・喜多川美佳さんの名前も浮上してきました。離婚に至る経緯は二人にしかわからないことですが、どちらにも何か悪い点があったはずです。お子さんのためにも、穏便に問題解決を進めて行ってほしいですね。

まとめ

芸能界ゴシップニュースといってもジャンルは様々。特に清原さん事件については、ファンや野球界に衝撃が走ったのも事実です。「こんなことになって驚いています。残念としか言えません」とコメントしたのはPL学園時代の恩師、中村順司元監督でした。「残念ですね。普通にそういうふうには見えませんでした。警察に捕まるということは信憑性があるんだろう。とにかく残念です。あれだけのスターが・・・」とソフトバンク球団会長の王貞治さん。

松井秀喜さんは「ニュースで知りました。驚いているとしか言いようがありません。それだけです」とコメント。また長年のライバルで元横浜の選手であり、現在は野球評論家として活躍する佐々木さんは「クスリの話もしたんですが、本人は絶対にやってないと言ってたんで、僕はそれを信じてました。本当に純粋な男だし、優しいやつなんで、なんでこんなことをやったんやろうって思います。俺が、周りがなんとかできなかったかなとは思います」と語っていました。多くの子どもたちが憧れた野球界のスターのその後に、球界でも衝撃が走りました。

大島さんの個人事務所設立に関しては、直近に能年玲奈さんの独立騒動があったため、ファンもひやりとしたようです。能年さんの独立に関して、彼女が所属していた事務所レプロエンターテインメントの対立が示唆され地ましたが、今回の大島さんのケースはあくまで税金対策と考えているようで、彼女の活躍は今後も続きそうですし、きっちりとした彼女の一面も垣間見ることができてホッとしたという声も。

また、おしどり夫婦として有名だった高橋さん三船さん夫妻の確執は世間に波紋を呼びました。しかし「おしどり夫婦」ほど芸能界は上手くいかないのではという例も。

例えば、一番有名なのが保阪尚希さんと高岡早紀さん夫婦。メリットのCMで円満そうな姿を見せていた二人でしたが、現在は離婚しています。そのきっかけが高岡さんと布袋寅泰さんのW不倫でした。

また、森進一さん森昌子さん夫妻の離婚にも世間は騒然となりましたし、お似合いだとして有名だった浅野忠信さんとCHARAさんも離婚していました。もしかすると、おしどり夫婦はあてにならないというのが芸能界の常識なのかもしれません。

 

三船美佳さん(33)と高橋ジョージ(57)の離婚成立!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。