深夜の昼ドラ『毒島ゆり子のせきらら日記』濃厚ラブシーンにファンも困惑?

 - 2016春ドラマ, Entertainment, アイドル , , , , ,

深夜の昼ドラ『毒島ゆり子のせきらら日記』濃厚ラブシーンにファンも困惑?

Source: http://www.tbs.co.jp/busujima/

「深夜の昼ドラ」として銘打たれ、放送前から話題に上がっていたTBSドラマの『毒島ゆり子のせきらら日記』が4月20日満を持して放送開始した。

主人公の超恋愛体質女子・毒島ゆり子を演じるのは元AKB48で女優の前田敦子。アイドル時代は恋愛禁止が絶対的ルールとして彼女を始めとするAKBメンバーたちを縛っていた。

卒業してからもうすぐ丸4年の前田。ドラマだけではなく映画の仕事も多くこなし、女優として着実に実績を積んでいる。役者としての仕事として避けられないのはやはりラブシーン。今回の『毒島ゆり子』では超恋愛体質の主人公を演じているため、当然相手男性俳優との絡みは多い。

アイドル時代の清楚なイメージの彼女はもういない。そのことに嘆くファンも多いなか、過激な演技もこなすようになった彼女の演技を絶賛する新たなファン層も増えてきていることも事実。前田の本領発揮できる舞台はこうした恋愛ドラマなのかもしれない。


◼︎ ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』とは?
前田敦子演じる毒島ゆり子は、同棲中の彼氏・幅美登里(渡辺大和)がいるも「恋愛体質」のため二股、三股当たり前の超肉食女子。冒頭で2人目の彼氏に水をかけられて振られてひどく落ち込むも、すぐにジムのインストラクター野村新太郎(八木将康)と交際を開始するほど。そんな折、異例の抜擢で大物政治家の番記者を担当することになったゆり子は、ライバル新聞社のエースである小津翔太(新井浩文)と出会い、恋に落ちる。しかし小津は離婚協議中とは言え既婚者で、「二股かけても不倫はしない」をモットーにしたゆり子は心の中で葛藤する。

《偶像日本編集部》

深夜の昼ドラ『毒島ゆり子のせきらら日記』濃厚ラブシーンにファンも困惑?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。