『お迎えデス。』福士蒼汰と土屋太鳳が通う明櫻大学はどこにある?

 - 2016春ドラマ, Entertainment, Holiday, ロケ地, 俳優 , , , , , , ,

偶像日本 _お迎えデス_土屋太鳳_福士蒼汰

Source: https://twitter.com/omukaedeath_ntv

  大学生の堤円(福士蒼汰)と阿熊幸(土屋太鳳)が通う学校・明櫻大学。綺麗なグリーンと新しめな校舎に憧れを抱く視聴者も多いようで、ネット上には「生まれ変わったらこういう大学通いたい!」「キャンパスめっちゃきれい」などの声が相次いでいる。

この明櫻大学の舞台となっているのは神奈川県厚木市にある「神奈川工科大学」だ。工業高専が母体となった同大学は工学系の総合大学で、創造工学部にはロボット・メカトロニクス学科も創設されており、ロケットマニアである円に合わせてロケ地選定を行ったのかもしれない。

偶像日本_神奈川工科大学_お迎えデス_ロケ地2

出典:http://www.kait.jp/about/

 

偶像日本_神奈川工科大学_お迎えデス_ロケ地2

出典:http://www.kait.jp/about/

 
キャンパスの綺麗さには定評があり、2004年から2010年にかけて学生の学習環境の向上を目指してかなり大規模なキャンパス再開発が行われたという。綺麗なグリーンの芝生や、大きな窓からたくさんの太陽光が差し込む学び舎、多くの大学生が想像する憧れの大学像そのものと言っても過言ではなく、そんな大学生活を夢見て勉強に励みつつ、同ドラマを視聴して胸を高鳴らせる視聴者も多そうだ。


◼︎  神奈川工科大学

所在地:神奈川県厚木市 学部:工学部、創造工学部、応用バイオ科学部、情報学部、看護学部の5学部


◼︎ドラマ『お迎えデス。』とは?

主人公の堤円(福士蒼汰)は超論理系・効率重視の理系男子。常に淡々としていて感情をあまり表に出さない円だが、ある日元同級生(門脇麦)の通夜の帰りに幽霊や死神など見えるはずのないものが見えるようになってしまう。困惑する円だったが、死神のナベシマ(鈴木亮平)から「幽霊を成仏させるバイト」誘われ、半ば強引に同じく幽霊が見える阿熊幸(土屋太鳳)とペアを組まされてしまう。猪突猛進型で常に感情むき出しの幸と正反対の性格の円は毎回反発するも、協力してバイトをこなしていく。

《偶像日本編集部》

偶像日本 _お迎えデス_土屋太鳳_福士蒼汰

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。