芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人

 - Entertainment, 疑惑・噂

【衝撃】川谷絵音の嫁がベッキーにブチギレ激怒 / 妻がベッキーに抗議文を送った事が判明「謝罪より先に復帰番組収録!? おかしくない?」

Source: http://buzz-plus.com/article/2016/05/18/becky-kawatani-furin-end/

ゴシップ誌でよく取り上げられている芸能人の熱愛情報。大きく話題になった物もあれば、すぐに消えてしまった物まで様々。今回はそんな芸能人の過去に報道された熱愛について紹介していきます。

◼︎ あの芸能人が略奪婚?!信じられない!

若く見える芸能人NO.1の永作博美のメイク術を学びたい!!!

http://topicks.jp/32909


日々、様々な熱愛報道が飛び交っていますが、多すぎて大々的に話題にならなければ記憶にもあまり残りませんよね?この記事では過去にテレビ報道、雑誌掲載された芸能人の恋愛劇を再び、おさらいしてみると言うような内容になっています。

最初に紹介するドロドロの熱愛劇を繰り広げたとされている芸能人は『永作 博美』です。彼女は現在結婚しており、旦那さんは内藤まろという名前で映像作家、著作家、イラストレーターの仕事を勤しんでいる方です。

約4年の交際を得ての結婚だったそうですが、この交際当初において内藤まろさんには奥様がおられたようです。そのため、永作 博美さんは不倫関係からの略奪婚ではないかと囁かれています。「可愛い顔してやることがえげつない」などとネット等では一時期、批判的なコメントも多く書き込まれていました。

次に紹介するのは『中谷美紀』です。彼女も不倫関係の末に同棲までこぎつけた女優さんです。相手は、同じく俳優の渡部篤郎。

渡辺篤郎さんは女優のRIKAKOさんと夫婦仲にありましたが、離婚前から中谷美紀さんと不倫関係にあったとされています。2005年に渡部篤郎さんとRIKAKOさんは離婚し、現在は中谷美紀さんと渡部篤郎さんは同棲中で事実婚状態です。

これに対し、ネットでの反応は意外と批判が少ないようです。その理由としては、元妻であるRIKAKOさんが他の芸能人の熱愛に関して過激な発言が多いことが関係していると言われています。自分だって離婚したくせに、とRIKAKOさんの方に批判が集まってしまっているため、あまり中谷さんを批判するようなネット書き込みは見かけられないようです。

◼︎ 男性芸能人!隠し子?中絶?恐ろしい裏の顔

山田孝之の性格が暗い?逮捕や隠し子の真相とは?姉の画像も流出?

http://suke-up.com/1886.html


女性芸能人だけにとどまらない、ドロドロの熱愛報道!

この項目でまず紹介する芸能人は、俳優『山田考之』です。誰もがよく知る俳優さんですが、彼には隠し子がいます。

お相手はモデル・タレント業で生計を立てておられるChicoさん。子供ができた時にお二人は話し合いをしたようですが、山田考之さんの方が「自分が父親になり、家庭を持ち、役者を続けていくこと、どうしても自分自身の中で折り合いがつかなかった」とのことで、現在は山田考之さんが養育費を払っていく形で落ち着いているようです。この隠し子についてはご本人も認めているため、単なる噂ではなく確固たる事実です。

次に紹介するのがお笑い芸人オリラジ『藤森慎吾』の女性に中絶をさせた報道です。これについても藤森慎吾さんご本人が認めたことで、女性に慰謝料として350万円支払ったという報道がありました。

自分が全ての責任を持つとインタビューに答えています。妊娠させてしまったのは、モデルの方と報道されましたが、そのモデルが誰なのかといった情報は今のところ出ておりません。仮の名前でさゆりとだけ報道されています。

藤森慎吾さんは妊娠がわかった時に、中絶費用と慰謝料を払う約束をしたほか、『350万円で示談が成立した』『この件を誰にも口外しない』というサインをさゆりさんの方にさせたようですが、結果報道されて公になってしまいました。

公にした理由としてさゆりさん側からは、二通用意していた契約書は普通は一人一つ持ち帰って保管するのが定石なのに対し、証拠が残るからと藤森慎吾さんが二通とも持ち帰ったからだと言われているそうです。この行為を藤森慎吾さんがしたことで、法律上書類が無効になてしまったようです。まさに自業自得ですね。

◼︎ あまり知られていない芸能人の不倫略奪

真似したい♡「オトナ女子」篠原涼子のピンクのネイルが可愛いと話題

http://matome.naver.jp/odai/2145014319184628101


芸能人が恋愛での騒動を起こすと普通は、テレビで報道されますね。しかし、全く報道されることがなかった芸能人の恋愛劇も存在します。

その代表としてあげられるのは、女優『篠原涼子』さんです。現在、彼女は24歳年上の舞台俳優市村正親さんと夫婦関係にあります。しかし、この篠原涼子さんと市村正親さんが交際を開始した当時は、市村正親は奥様がおられました。婚姻関係も健在だったので、事実上の不倫関係だったと言えます。

しかし、お二人の不倫騒動はテレビ等の報道ではまったく話題になりませんでした。そのため、このお二人の関係が不倫から成り立った物であるということを知らない人も多いでしょう。このお二人の不倫仲は、芸能事務所の力が強すぎたせいで報道をされずに済んだようです。

現在ではあまり話題には上がりませんが『ミスチル 桜井』さんも実は、浮気の末に前妻と離婚した一ヶ月後に別の女性と結婚していたりします。不倫からの結婚に至ったのが2000年のことなので、覚えている人は少ないかもしれませんが、当時はやはりバッシングもかなり多かったようです。

前妻の女性は、櫻井さんが売れ始める前から支え続けてきたというのに、桜井さんが人気を出し始めると手のひらを返したように浮気されたのですから、周囲の風当たりが強くなるのも当然でしょう。

この結末は、少し前に世間を騒がせた『川谷絵音』と『ベッキー』の不倫関係にも似ています。川谷絵音さんも売れ始める前は、前妻さんに支えてもらっていたのです。この二人の不倫関係においてネット等の反応では、奥さんがかわいそうだという声も多いです。

略奪愛も不倫も誰かを不幸にして手に入れた関係で良い物ではありません。芸能人だと特に、話題が一旦落ち着いたとしても経歴的には一生の傷として残ってしまいます。

◼︎ まとめ

【不倫】なぜ誰かを傷つける不倫をするのか?不倫の否定論、肯定論

http://ima-colle.jp/mypages/277/11944


不倫、隠し子、中絶、略奪婚と非常にドロドロした芸能人の恋愛を紹介させていただきました。ここで紹介した以外にも暗い恋愛事情を過去に抱えた芸能人はたくさんいます。前の項目でも述べましたが、不倫も略奪婚も誰かを不幸にすることで得られる幸せです。そんな幸せ長く続くものなの?と思われる方もいらっしゃるかと思われます。

しかし、不倫関係からの略奪婚だったとしても良好な関係を築き続けて結婚に至ったりする方はたくさんいらっしゃいます。もちろん、不倫の末に多額の賠償金を請求されてクビが回らなくなってしまった芸能人の方もいらっしゃいます。

一時期、ものまね界の女王と謳われていた『荒牧陽子』さんがその一人です。彼女はプロデューサーB氏と不倫の末、略奪して結婚したと雑誌等で取り上げられています。この不倫騒動によって彼女はテレビ業界から干され、不倫をかけた裁判でも完敗し、賠償金200万円をB氏と連帯して払うことになっています。

B氏は単独で前妻のAさんに100万円払う裁判が下っています。合わせて300万円の賠償金を払うことになったものの、一度干されてしまうとテレビ業界に復帰することはなかなかできません。彼女は今、貯金を切り崩しながら生活をしているそうです。

このように不倫をしたために、裁判にまで縺れ込んでしまうケースも存在します。不倫とは大きなリスクのある行為です。世間一般から見れば間違った行為でしたないのですから、大々的に公表されればイメージダウンは避けられるものではありません。

芸能人はたくさんの人間の注目を集めます。それはプラスの面にも働きますが、恋愛事情でのもつれが発覚すればマイナス面でも目立ってしまいますね。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
要潤の妻・松藤あつこはやり手の実業家で年収7千万!でも黒い噂って…?
整形は当たり前?整形した疑惑の芸能人の顔まとめ
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

【衝撃】川谷絵音の嫁がベッキーにブチギレ激怒 / 妻がベッキーに抗議文を送った事が判明「謝罪より先に復帰番組収録!? おかしくない?」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。