『できしな 第4話』大人の合コン術がスゴい!!必勝テクはトークとおさわり?!

 - 2016春ドラマ, Entertainment, 胸キュンドラマ , , , , , , , , ,

大人の合コン術はトークとおさわり!私 結婚できないんじゃなくて、しないんです第4話

6日、中谷美紀が結婚できないアラフォー女の主人公・橘みやびを演じる『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』の第4話が放送された。前回、思いを寄せる桜井洋介(徳井義実)が元カノ(松井愛莉)と一緒にいるところを見てしまったみやび。一度は落ち込むも、十倉誠司(藤木直人)のアドバイス通り合コンに励むようになる。


◼︎ 大人の合コンに必要なのはトークとおさわり ※ネタバレ有り
毎回、婚活女子に有用なアドバイスをくれる十倉だが、今回みやびに対して教えたのは「大人の合コン術」だ。

その① トークを極めよ!
その② おさわりを極めよ!

まずトークを極めるには、「ノリのいい切り返し」と「会話が弾むボケ」が挙げられた。合コンには合コン用のトークがあり、普段の会話とは区別をすべきとのこと。

教えを守るみやびは、合コン中に年齢を聞かれ、「別に恥ずかしいことじゃないから正直に言うけど〜…二十歳です!」とボケて見せ、彼氏いない歴を問う質問には「3ヶ月!…犬年齢で」と答えたことで、場は笑いに包まれた。その前の合コンで実年齢を言ってひかれた際とは大違いで、見事にノリの良い切り返しと会話が弾むボケでその場を切り抜けた。

おさわりを極めるには「ソフトびんた」と「どっこいしょタッチ」。ソフトびんたは「そういうこと言わないの!」と怒り気味に、手を相手の口元に当ててグイっと押す。トイレに立つ際は、近くにいる相手の膝に「ちょっとごめんねっ」と言いながらよたれる。合コンでターゲットにされた諒太郎(瀬戸康史)もびっくりしたような、ドキドキしているような表情を見せていた。

放送を見ていた視聴者も、「分かる…これやられて落ちたことあるわ」「超納得!」「タメになる〜」と言った肯定的な意見が相次いだ。中には、「ただし、美人に限る、だな…」「これ中谷美紀だからできるんでしょ!」などの厳しい意見も挙がっており、十倉式合コン術を利用する際は見極めが重要なようだ。  


◼︎ オトナの合コン術が学べるドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』

「39歳・独身・容姿端麗・年収1500万」という、結婚したい女にとって重い足かせとなる条件をいくつも背負った「最強の恋愛弱者」である橘みやび(中谷美紀)。「結婚しようと思えばいつでもできる」と豪語していたみやびだが、偶然再会した元片思い相手の同級生・桜井洋介(徳井義実)に思いをぶちまけるもあえなく振られてしまう。その様子を見ていた和風割烹「とくら」の店主・十倉誠司はみやびがいかに恋愛弱者であるかという現実を突きつけ、スパルタながら対アラフォー婚活用のアドバイスを与える。はじめは反発するみやびだったが、次第に十倉のアドバイスを受け入れるようになり、一歩また一歩と結婚へと近づいていく。本作は、恋愛体育教師として知られる水野敬也の「スパルタ婚活塾」が原案となっており、各回ごとに婚活女子に向けた有用なアドバイスに沿ってストーリーが進んで行く。

《偶像日本編集部》

大人の合コン術はトークとおさわり!私 結婚できないんじゃなくて、しないんです第4話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。