新ブーム到来?!成宮寛貴の「グーハー」に温められたい女子続出のドラマ『不機嫌な果実』

 - 2016春ドラマ, Entertainment, 俳優 , , , , ,

CiS8ocQVAAATOWQ

Source: https://twitter.com/fukigen_kajitsu

13日、テレビ朝日の不倫ドラマ『不機嫌な果実』が第3話を迎えた。麻也子(栗山千明)が夫の航一(稲垣吾郎)の出張中に、不倫相手の野村(成宮寛貴)と箱根の温泉地へ不倫旅行へ訪れているシーンから始まる。何やら謎の男に野村といるところを写真に撮られている麻也子。不穏な気配が迫る状況に視聴者のハラハラも止まらない。

そんな『不機嫌の果実』でひっそり話題となったのが成宮寛貴演じる野村のある行動。元々、女好きでキザな言動もさらっとこなし、女性視聴者を魅了していた野村だが、今回話題となったのは、朝はまだ肌寒い箱根でのある一幕。

旅館から出てきた2人はまだ肌寒い箱根の気候に少し縮こまる。「意外と冷えるね」と声をかける野村に麻也子は両手を合わせて寒そうに振る舞う。「これからどうしようか」と麻也子に尋ねた野村はそのまま、麻也子が合わせた両手をぎゅっとグーの形に包み込み、自分の息をハァーっとかけて温めた。この仕草がキザだけどたまらないと評判だ。

ネット上では、「私も成宮くんに手あっためられたい」「キザだな〜でもそれがいい」などのコメントが挙がっており、最低の不倫男を演じながらも成宮人気は衰えそうにない。

◼︎ 市原隼人出演の『不機嫌な果実』とは?
林真理子著作の不倫小説最高傑作とも呼ばれる同名の小説を原作としたドラマ。かつて石田ゆり子を主役に映像化されたが、今回は20年ぶりのドラマ化となった。主人公の麻也子(栗山千明)は結婚6年目の32歳。夫の航一(稲垣吾郎)と優しく良い人だが、潔癖性とマザコンが玉に瑕で、夫婦の関係は完全に冷え切っており、麻也子は満たされない日々を送る。そんな麻也子の周りにいるのは、夫の不倫が原因で離婚したが生き生きと仕事に邁進する久美(高梨臨)、と裕福な夫と結婚しながらも年下男との不倫を楽しむ玲子。そんな2人を見ているとさらに欲求不満が高まってしまい、ついに学生時代の不倫相手である野村(成宮寛貴)に連絡を入れてしまう。夫への後ろめたさを感じつつも野村との不倫に溺れていく麻也子は、年下の音楽評論家の通彦(市原隼人)からも熱烈なアプローチをされてしまい、さらに深く大人の愛憎劇へとハマっていく…。

《偶像日本編集部》

CiS8ocQVAAATOWQ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。