『ラヴソング』だけではない!演技派俳優・菅田将暉の体当たりラヴシーンまとめ

 - 2016春ドラマ, Entertainment, 俳優, 映画 , , , , , , , , ,

https://twitter.com/sudaofficial

Source: https://twitter.com/sudaofficial

『ラヴソング』だけではない!演技派俳優・菅田将暉の体当たりラヴシーンまとめ その高い演技力を評価され、映画やドラマに引っ張りだこの俳優、菅田将暉。それだけでなく、そのルックスの高さから雑誌でも取り上げられる機会が増え、今や彼を見ない日はないほど。


◼︎ ドラマ『ラヴソング』のベッドシーンが話題!
(一部ネタバレ)
そんな菅田が16日放送の月9ドラマ『ラヴソング』第6話で見せたベッドシーンが話題になっている。菅田が演じるのは天野空一という青年。主人公のさくら(藤原さくら)に片思いをしつつも、自分であ振り向かせられないと悟り自暴自棄になった空一は、調理師学校で知り合った年上の事務員とことに及んでしまう。放送後すぐネットを中心に話題となった


①共喰い:2013年

菅田が日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、演技力が認められるきっかけとなった作品。青山真治がメガホンを取り、菅田が主演を務めた。ロマンポルノを意識した本作は、かなり過激な内容。昭和の終わりを舞台に、暴力的な性癖の父親の好意を目撃し、嫌悪感を抱きつつも、自分も彼女に対して同じようなことをしてしまう高校生の苦悩を描いた。かなり過激な性描写を含む本作だが、こうした役に果敢に挑んでいくような挑戦心があったからこそ今の演技力があるのだろう。今の菅田の原点を作った映画とも言える。


②ピースオブケイク:2015年

多部未華子演じる流されやすい恋愛依存症の主人公・梅宮志乃のことを気になっているバイト仲間を菅田が演じる。酔っ払った勢いに任せて志乃に力づくでキスをする色気溢れるシーンは多くのファンを魅了した。シリアスで重い「共喰い」の演技とはまた異なって、少し軽そうな役柄を演じたこともあり、菅田の演技にドキドキしたというコメントがネット上には多くあがった。実は本作が初キスシーンだったという菅田。しかも、キスシーンの直前は焼肉飲み会を本物のアルコールを用いて撮影されたといい、そういったリアリティも話題となった所以だ。


③二重生活:2016年6月公開予定

そして3つめが今年6月公開の映画『二重生活』だ。門脇麦演じる哲学科の大学院生・珠が、教授に持ちかけられた「哲学的尾行」、つまり理由なき尾行によって禁断の人間模様が明らかになっていく…。同作の中で、菅田は珠の恋人である卓也を演じる。門脇と菅田の濃厚ラブシーンは予告の段階から話題を集める。公開まで待ちきれないファンが多そうだ。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
月9『ラブソング』吃音のヒロインを演じる藤原さくらって一体どんな子?!
菅田将暉 号泣で女性ファンの心を鷲掴み?!あの熱愛報道についても真相を明かす
夏帆と新井浩文が13歳差の熱愛スクープ!清純派女優の初スキャンダルにファン悲鳴?!

《偶像日本編集部》

 

https://twitter.com/sudaofficial

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。