裏事情スクープ?!芸能界の止まないうわさ話・未解決事件

 - Entertainment, 疑惑・噂 , ,

37c28a15dbca74864000bffe8ff1be07_730

Source: http://topicks.jp/20427

華やかな世界の裏で、様々なうわさ話やスクープが飛び交う芸能界。やはり芸能界のスクープ事情は世間は気になるものです。過去の黒歴史から現在話題になっている芸能界の黒い交友関係、あの未解決事件やうわさ話を見ていきましょう。

どうなった?芸能界の恐ろしい未解決事件

華々しい芸能界の裏に潜む黒い事件と、今もなお闇に包まれたままの未解決事件を紹介していきます。

まずは「お葬式」、「マルサの女」で有名の俳優で映画監督だった伊丹十三さんです。1997年12月20日に、伊丹プロダクションがある麻布のマンションの下で遺体となって発見されました。事務所に、ワープロ印字の遺書らしきものが残されており、そこには「死を持って潔白を証明する」との文面がありましたが、死の真相は依然として謎のままです。写真週刊誌「フラッシュ」により不倫疑惑を報道されたことに対する抗議の自殺説。「ミンボーの女」公開の後に襲撃事件があったことから、当初から暴力団がからんでいるのでは?という疑う声。映画「マルタイの女」を良く思っていない暴力団や某宗教法人が関与したという説もあり、その真意は様々です。

次は1980年〜1990年初頭にかけて、若者から多くの支持を受けカリスマ的存在となった尾崎豊さんの死です。1992年4月25日、早朝の足立区の民家の軒先に、全裸の状態で傷だらけで倒れていたところを近所の人に発見され、病院に運び込まれました。体は傷だらけでしたが、医師の診断によると「過度の飲酒」とのことで彼は妻と共に自宅マンションに戻ります。

しかし、午後になり呼吸がとまっていることに気づいた家族が通報しましたが、搬送先の日本医科大学附属病院で亡くなりました。彼の遺体には、暴行を受けたような傷や痣もあり、亡くなった日の状況が極めて不自然であることから、他殺ではないかという説も浮上しています。しかし警察は、司法解剖や状況操作の結果から「事件性なし」として調査を終結しています。尾崎豊さんが亡くなってから2年後に10万人近くの尾崎ファンの署名を集めた再捜査嘆願書が提出されたが、結局受理されないまま終わりました。

歴史に残る重要事件に関与!?飯島愛の死

2008年12月24日、東京都渋谷区の自身のマンションで死亡しているのが親戚の女性によって発見されました。その後の警察の調査によって、発見時から死後1週間ほどが経過していたことから死亡推定日は12月17日前後とされています。しかし、24日に担架に乗せられた飯島愛さんを見た人が「苦しそうな表情をしていた」「顔色が悪かった」と話していることが報道され、この話が真実であれば、飯島愛さんは死亡推定日は生きていたということになります。謎は深まるばかりです。通常1週間ほどで出る病理検査の結果が遅れたこともあり、死因に関しては様々な憶測が飛び交いました。遺体から覚せい剤反応が出たという噂も流れましたが、結局2ヶ月後、直接の死因は肺炎だと警察が発表しました。しかしその後も、飯島さんが始める予定であった女性向けコンドーム会社を巡る金銭トラブル、別の薬物による死亡説など「死の謎」が様々報じられることになりました。

また、飯島さんはあの劣悪で有名な「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の当時主犯であった人物と交際しており、被害者の監禁場所に居合わせることもあったようで、事件現場で被害者の顔にマジックで落書きをしていた人物こそが飯島愛さんだったという噂もあります。飯島さんと交際していたとされる主犯の懲役は20年。2008年頃に刑務所から出所したとされています。元恋人が社会復帰することで、事件への関与の真相が明るみになる可能性もありました。

このネットの噂について、飯島さん本人はブログで「私は殺人事件に関わった事実はありません」と否定していました。また、報道で飯島さんが死亡していたことが明らかになると、ASKAが突然パニックを引き起こし、信頼できる芸能界の有力者に「どうしよう、やばいことになった」と相談に行くようになりました。その内容というのが、「彼女が亡くなる数ヶ月前に、彼女のマンションでMDMA(合成麻薬)を使って交友していたところをビデオに撮られてしまった」というものでした。このビデオについてはASKAの説明によると「自分が知らない間に彼女がビデオで撮っていた」と言っていました。しかしASKAも2014年4月、覚せい剤取締法違反・麻薬および向精神薬取締法により逮捕されました。

梨園の妻の座狙い?!AKBを卒業した篠田麻里子の現在とは

AKB48卒業から約2年経った篠田麻里子さんが芸能人生命のピンチに追い込まれているとのことです。6年間レギュラー出演していた情報番組の「PON!」は2016年3月末に降板し、「オトナへノベル」の司会の座も同年4月から女優の清水富美加さんに奪われるなど、最近はテレビの仕事が激減しています。

そんな中、事務所の先輩である藤原紀香さんの真似をして「梨園の妻」になるべく猛烈な婚活をはじめたといいます。「麻里子様」といえば、モデルとしても大活躍していたはずですが、あるスタイリストによると「女性ファッション誌【MORE】の専属モデルは続けていますが、東京ガールズコレクション、関西コレクションといった人気のあるファッションイベントへの出演はここ数年ありません。客を呼べるモデルとして扱われていないというのが現状です」と語りました。

最近の活躍としては、2016年4月29日公開の「テラフォーマーズ」では主要キャストに抜擢されました。しかしこの映画、AKB48の運営会社の親会社であるパチンコメーカーが出資していることから、AKBファンの間では秋元康氏が動いたのでは?と噂されています。

このように先行き不安の彼女ですが、最近ある動きを見せているということです。ある芸能スタッフによるとそれは「歌舞伎界とのコネ作り」で、先日藤原紀香さんが歌舞伎役者の片岡愛之助さんと結婚したことで、そのルートを使って歌舞伎役者との合コンを狙っているというタレコミがありました。そして現在彼女は梨園について猛勉強中とのことです。

9月の舞台「真田十勇士」で中村勘九郎さんとの初共演が予定されています。周囲には「その際に失礼がないよう、歌舞伎のイロハを学んでいる」と語っているみたいですが、あまりにも熱心すぎて、すでにターゲットを絞っているともっぱらの評判です。中村勘九郎さんは妻がいますが、今後どうなるのでしょうか。

芸能界が低調気味だからといって婚活に走り出した彼女。篠田さんも元アイドルとして、歌も踊りもやってきて卒業後はバラエティや女優、モデルなど様々な活躍をされてきました。しかし、多くのところに足を踏み入れすぎて、すべてが中途半端になっているように感じます。篠田麻里子さんの今後の活躍に期待です。

まとめ

芸能界は、表が華やかなだけに裏は本当に闇に包まれています。芸能人の謎の死や、未解決時間が昔から耐えないのも、裏で暴力団や宗教団体と根強く関与しているからかもしれません。しかしそれらの団体とは切っても切れないのが芸能界なんだろうと考えます。これからも、芸能界というショービジネスが続いていく限り、うわさ話やスキャンダル・ゴシップは耐えない日々となるのでしょう。
【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

37c28a15dbca74864000bffe8ff1be07_730

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。