役作りへの情熱は業界一!鈴木亮平の出演する名ドラマ3選

 - Entertainment, ドラマ, 俳優 , , , ,

http://mantan-web.jp/2015/10/08/20151008dog00m200007000c.html

Source: http://mantan-web.jp/2015/10/08/20151008dog00m200007000c.html

今大ブレーク中のイケメン俳優・鈴木亮平さん。鈴木亮平さんといえば、ストイックな役作りと肉体改造で有名な俳優ですよね。こちらの記事では、そんな鈴木亮平さんの出演したドラマの中でも特に話題になったおすすめの作品を厳選して紹介していきます。

◼︎ ブレークのきっかけとなった「花子とアン」

まずはじめにご紹介する作品は、2014年の上半期に放送されたNHKの連続テレビ小説「花子とアン」です。

「花子とアン」は、赤毛のアンなどの英米児童文学作品の日本語訳版を著し、翻訳家として活躍した村岡花子の半生をもとにした作品で、その中で鈴木亮平さんはヒロインである花子の夫の村岡英治役を好演しました。この「花子とアン」の真面目で誠実な演技が評価され大ブレークしました。実は鈴木亮平さん、8年間の交際期間を経た奥さんと結婚しており、現在一児のパパでもることもありこの村岡英治役はまり役だったのかもしれませんね。

◼︎ 出身地・関西での凱旋ドラマ「泣いたらアカンで通天閣」

続いてご紹介するのは、読売テレビ開局55周年記念ドラマとして2013年に放送された坂井希久子さん原作の小説の実写ドラマ「泣いたらアカンで通天閣」です。

鈴木亮平さんはこのドラマで主人公のセンコに想いを寄せる幼なじみのカメヤ役を演じました。大阪が舞台となる作品でしたが、鈴木亮平さんは兵庫県の西宮市出身ということで活き活きとした関西弁の演技が見ることができます。他のキャストにも主演は同じく関西出身の女優・木南晴夏さんや、関西ローカルでお馴染みの桂小枝さんやハイヒールのモモコさんなど個性派揃いです。大阪の新世界の商店街を舞台に描いた大阪の下町ならではの人情ドラマです。

◼︎ 驚きの役作りを見せた「天皇の料理番」

最後にご紹介する作品は、2015年までに3回ドラマ化された杉森久英さんの小説の実写化「天皇の料理番」です。

鈴木亮平さんはTBSテレビ60周年特別企画として放送された2015年版に出演しました。こちらで話題となったのは主人公の兄である秋山周太郎役を演じた鈴木亮平さんの役作りです。この秋山周太郎という役は、病弱で病に侵され夢半ばでなくなってしまうという役柄で鈴木亮平さんは役作りのために撮影のシーンに合わせながら半年で20キロもの減量を行いました。食事をする時間帯に細心の注意を払い主にオートミールや玄米、蒸し野菜など低カロリーかつ栄養価の高い食材を中心とした食事を続け、ひたすら空腹に耐えるというなんとも過酷なダイエットで秋山周太郎役を演じきりました。鈴木亮平さんの役者魂溢れる役作りと演技は必見です!

◼︎ 様々なキャラクターを演じ分ける実力派俳優!

以上、鈴木亮平の出演する名ドラマ3選をご紹介しました。鈴木亮平さんは、どんな役柄でも演じきるまさに変幻自在の俳優なのです。まだまだ鈴木亮平さんが出演しているドラマには魅力的な作品がたくさんあるので是非見てみてください。鈴木亮平さんの今後の活躍にも期待大ですね!


【この記事を読んだあなたにオススメ】
要潤の妻・松藤あつこはやり手の実業家で年収7千万!でも黒い噂って…?
整形は当たり前?整形した疑惑の芸能人の顔まとめ
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

《偶像日本キュレーション部》

http://mantan-web.jp/2015/10/08/20151008dog00m200007000c.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。