小池徹平、 自閉症演じる映画『サブイボマスク』本日公開 主演にファンキー加藤、ヒロインは平愛梨

 - Entertainment, 俳優, 女優, 映画, 音楽 , , ,

http://www.sabuibomask.com/

Source: http://www.sabuibomask.com/

11日、ファンキー加藤が主演をつとめる映画『サブイボマスク』の公開日を迎え、劇中で自閉症の青年を演じる共演の小池徹平が自身のInstagramでファンに向けて劇場での鑑賞を呼びかけた。ファンからも公開を祝福したコメントが続々と寄せられている。


『サブイボマスク』は大型ショッピングモールに客をとられ、ゴーストタウン化した地方都市・道半町の商店街が舞台。そんな商店街で育てられた主人公の春雄(ファンキー加藤)は、今の状況をなんとか打破しようとみかん箱の上に乗って路上ライブを行うも、春雄のライブで盛り上がってくれるのは幼馴染で自閉症の権助(小池徹平)だけ。元カノで出戻りシングルマザーの雪(平愛梨)にも呆れられてしまう始末だった。ある日、春雄は亡き父の形見である「サブイボマスク」をかぶって歌うことを思いつく。まっすぐなメッセージを訴え続ける春雄の歌声に、最初は苦笑いを浮かべていた商店街の人々もやる気を徐々に取り戻していく。「地方の町おこし×歌」をテーマにしたハートフルコメディだ。

ファンキー加藤、小池鉄平、平愛梨ほか、商店街のブティック経営者に温水洋一、町長に泉谷しげるといった豪華俳優が抜擢されており、いとうあさこが失業中のシングルマザーといった強烈な役を演じることでも期待が高まる。主題歌にはファンキー加藤の楽曲「ブラザー」が使用されるなど、ファンキー加藤がミュージシャンとしてのカラーを出しつつ、満を持しての俳優デビュー作品となっている。

共演のファンキー加藤と平愛梨は、現在「正反対の」話題で注目を集めている。ファンキー加藤はアンタッチャブル柴田の元妻とのW不倫で批判を浴びる一方で、平愛梨はサッカー日本代表の長友選手との熱愛を認め日本中から祝福されており、2人が置かれている状況は真逆。そんな彼らの共演作として、本作は早速も話題作となっている。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
整形は当たり前?整形した疑惑の芸能人の顔まとめ
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

http://www.sabuibomask.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。