実写ドラマ『弱虫ペダル』2.5次元俳優陣によるメインキャストのビジュアル公開

 - 2016夏ドラマ, Entertainment, サブカルチャー, ドラマ, 俳優, 漫画実写化作品 ,

弱虫ペダルメインキャストビジュアル

16日、8月よりBSスカパー!で放送のドラマ『弱虫ペダル』のメインキャストのビジュアルが公開された。同ドラマは、渡辺航の同名人気マンガを原作とした実写化作品で、すでにアニメ化・舞台化されるなど人気を博している。ドラマ版のキャストは9日に発表されており、舞台化作品のキャストを務めた"2.5次元俳優"とも称される舞台俳優たちがメインキャラクターを演じることが明かされている。

【関連】実写ドラマ『弱虫ペダル』出演キャスト決定!小越勇輝ら、舞台版出演者中心のキャスティング

大部分が舞台版キャストが引き継ぐキャスティングとして話題となった本作だが、ドラマ版のビジュアルはまた雰囲気の異なるものに仕上がっている。今回公式Twitterでビジュアル公開されたキャラクターは、主人公・小野田坂道(小越勇輝)をはじめ、今泉俊輔(木村達成)、鳴子章吉(深澤大河)、金城真護(郷本直也)、田所迅(友常勇気)、巻島裕介(馬場良馬)、手嶋純太(鯨井康介)、青八木一(八島諒)ら総北高校チームの8名。
 


舞台版俳優がキャストをつとめるということで、かなりの完成度が期待されている本作。続報での他キャラクターのビジュアルも期待したい。

ドラマ『弱虫ペダル』概要

http://www.bs-sptv.com/yowapeda/

http://www.bs-sptv.com/yowapeda/

物語 主人公の小野田坂道は、小学生の頃より家から片道45キロ以上離れた秋葉原に電車賃節約のためママチャリで通うほど、アニメグッズ購入に命をかける重度のオタク。そんな坂道は総北高校に入学し、中学時代にオタクの友達ができなかった教訓を胸に高校ではアニメ研究部に入ろうと目論む。しかし、なんと部員数減少のため目当ての部活は活動休止状態にあったのだ。必死に部員を集めようとする坂道だったがそう簡単にはいかなかった。そんな折、同級生の今泉に自転車レースを挑まれる。なんでも傾斜20%の坂を歌いながら平然と登ってのける坂道の姿が信じがたい光景だったという。もし坂道が勝てばアニ研に入部する、という今泉の言葉に勝負を受けてたつも負けてしまう。その後、関西で自転車競技をしていた鳴子章吉との出会いも重なり、自転車競技に興味を持つようになった坂道はアニ研を諦め自転車競技部に入部することとなった。そこからは、秋葉原通いで基礎体力をあらかじめつけていた坂道は天賦の才も合わさり、徐々に坂をのぼるクライマーとしてその才能を開花させていく。個性的かつ強力なメンバーが揃う自転車競技部で、めきめきと腕を上げていく坂道。一体今年のインターハイには誰が選ばれるのか。

出演 小越勇輝、木村達成、深澤大河、郷本直也、友常勇気、馬場良馬、鯨井康介、八島諒、輝馬、平井浩基、安里勇哉、桜井美南、滝川英治、鈴木拡樹、北村諒、宮崎秋人、青木空夢、秋元龍太朗、植田圭輔、村田充 ほか

原作 渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店刊)

脚本 吹原幸太

放送 BSスカパー!/2016年8月スタート(放送時間、曜日等未定)

-Sponsored-

ドラマ『弱虫ペダル』を放送するBSスカパー!は、スカパー!加入者なら誰でも無料で見ることのできるチャンネル。スカパー!は見たいチャンネル1つだけのチャンネル契約でも、ジャンルで契約するジャンル契約でもお好みで自由に組み合わせることが可能。ドラマ『弱虫ペダル』放送の機会にスカパー!加入してみては?


【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
整形は当たり前?整形した疑惑の芸能人の顔まとめ

弱虫ペダルメインキャストビジュアル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。