元KARAのJY(知英)、夏の月9ドラマ『好きな人がいること』の主題歌を担当 作詞にも挑戦

 - 2016夏ドラマ, Entertainment, ドラマ, 音楽 , ,

http://www.fujitv.co.jp/sukinahitogairukoto/

Source: http://www.fujitv.co.jp/sukinahitogairukoto/

17日、7月放送開始のフジテレビ月9ドラマ『好きな人がいること』の主題歌を、元KARAのJY(知英)が担当することが決定した。曲名はドラマと同タイトルの「好きな人がいること」となっており、JYは作詞にも挑戦している。

ドラマ『好きな人がいること』

夏の月9『好きな人がいること』は、桐谷美玲演じるヒロインと、三浦翔平・山崎賢人・野村周平演じるイケメン3兄弟が湘南のレストランを舞台に巻き起こすラブストーリー。さわやかなビジュアルもさながら、特に女性に人気の俳優陣が起用されたことでドラマ制作発表当初より話題を集めていた。

あらすじ

ヒロインの桜井美咲(桐谷美玲)は、パティシエとしての仕事に没頭するあまり恋愛沙汰にはすっかりご無沙汰。しかし、恋愛そっちのけで没頭していた仕事をクビになってしまい、新たな就職先も決まらず途方に暮れる美咲。そんなある時高校時代の初恋相手・柴崎千秋(三浦翔平)に再会、とんとん拍子で彼の経営するレストランで住み込みのバイトをすることに。憧れの千秋と一つ屋根の下で暮らすことになった美咲に衝撃を与えたのは、千秋の兄弟たちの存在。次男の夏向(山崎賢人)は、レストランを支える天才シェフでありながら美咲をパシリ扱いする最低最悪男。三男の冬真はプレイボーイでお調子者だ。性格が全くことなるこの男三兄弟の住処に足を踏み入れた美咲はいったいどうなってしまうのか。恋愛弱者の美咲の甘い夏が今始まる。

主題歌「好きな人がいること」

今回、主題歌を担当することになったのは韓流アイドルグループ・KARAの元メンバーであるJY(知英)。自らの実体験を歌詞にこめたというその楽曲は、友情から恋愛に発展していく過程の女子心をアップテンポに歌った軽快なナンバーだ。ミュージックビデオはグアムで撮影され、監督を蜷川実花がつとめ、細部に至るまで女性らしさを表現した一曲となっている。

JYは、「JYとしてセカンドシングルの段階で月9ドラマの主題歌になるなんて、本当に驚いていますし、うれしすぎて信じられませんでした。夏にぴったりの爽やかな曲なので、ドライブやビーチサイドにオススメです!」とのコメントを発表しており、初の月9主題歌抜擢に喜びを隠しきれない様子。同シングルはドラマ放送期間中の8月31日に発売される。

すでにクランクインを迎え放送開始に向けて撮影が行われている同ドラマ。JYのアップテンポナンバーと出演者たちの演技がどのように相乗効果を生み出し、どういった印象に仕上がるのだろうか。待ちきれない初回放送は、7月11日よる9時より(初回15分拡大)。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
整形は当たり前?整形した疑惑の芸能人の顔まとめ

http://www.fujitv.co.jp/sukinahitogairukoto/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。