イケメン俳優・戸塚純貴『指原カイワイズ』に登場 おバカキャラ発覚でネットでも爆笑の声

 - Entertainment, アイドル, 俳優 , , ,

http://ameblo.jp/tozuka-junki/

Source: http://ameblo.jp/tozuka-junki/

22日、HKT48の指原莉乃とアンタッチャブル山崎がMCをつとめるトーク番組『指原カイワイズ』に、俳優界隈で話題の俳優として戸塚純貴がゲストで登場した。指原&山崎は、強烈キャラを演じたことで話題となった俳優の素顔に迫った。

戸塚は、1992年生まれの23歳。2010年に開催された「第23回ジュノン・ボーイ・コンテスト」にて「理想の恋人賞」を受賞したことで芸能界デビューする。番組内で、同コンテストへは戸塚の芸能界入りを熱望する母親によって応募されたことを明かした。同様に、幼少期にも子供向けアパレルブランドmiki houseのモデルオーディションや、ジャニーズ事務所のオーディションに母親が応募していたようだが、こちらのオーディションはいずれも不合格だったという。そんな母親が、家族界隈からの素顔暴露ということで、VTRで登場。戸塚曰く53歳ということだが、年齢を感じさせない若々しい美人な母親の登場にスタジオ中が騒然となった。

戸塚はもともと自動車整備士になろうと就職試験を受けていたが筆記試験で落ちてしまい、ちょうどその時期にジュノンの合格が通知され、俳優の道に進んだという経緯がある。番組では筆記試験について触れ、整備の知識に関するテストは問題なかったが、社会や国語といった学力試験がうまくいかず落ちてしまったと告白。また、学生時代は本気で挑んだ数学のテストで0点をたたきだすなど、思わぬ"おバカ"キャラが発覚してしまった瞬間であった。

俳優界隈では、親交が深くよく飲みにもでかけるという浅香航大が登場。戸塚がハリウッド俳優のジム・キャリーの大ファンであることを明かす一方で、酔っ払うとジムの魅力を延々と語ってしまうという俳優らしい酔い癖があることを激白した。しかし、有名ハリウッドスターのジムのことは浅香も当然知っているため、この癖をやめてほしい
と苦情を申し立て、笑いを誘った。

戸塚は、ジムの出世作であるコメディ映画『MASK』をきっかけでジムに惚れ込んだと言い、「表現力がすごい」「悲しみのわかる喜劇俳優」との分析を展開してジムを褒め称えた。

フジテレビの視聴者投稿型オムニバスドラマ『痛快TVスカッとジャパン』では、強烈なマザコンのダメ男を演じた経緯もあり、山崎に表現力の高いジムを意識しているのかと問われるも、自身が演技をする上では意識していないと回答。日本のコメディアンはアメリカのそれとは違う、との持論を展開し、憧れと模倣は別物であるとした。

思わぬおバカキャラが露呈してしまうも、自分なりの確固たる信念を持って俳優活動に挑む戸塚の姿は俳優としての資質は十分。今後ますますの活躍が期待できそうだ。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

http://ameblo.jp/tozuka-junki/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。