芸能界一爽やか俳優!岡田将生のドラマ出演実績をご紹介

 - Entertainment, 俳優 , ,

http://www.stardust.co.jp/section3/profile/okadamasaki.html

Source: http://www.stardust.co.jp/section3/profile/okadamasaki.html

芸能界一の爽やか俳優と称されることもしばしばの岡田将生は、2006年にCMで芸能デビューを始めてから上り調子で人気を集め、現在ではドラマや映画などでも主演を務めたりするなど、非常に人気のある俳優です。また甘いマスクをもった爽やかイケメンであり女性からの人気を集めています。そんな彼のドラマについてご紹介します。

俳優としてのきっかけ

岡田将生が芸能活動を始めたのは2006年頃であり、始めはドラマや映画ではなく、CMでの出演でした。日本工学院専門学校のCMのイメージキャクターとしてデビューし、同年にドラマに出演したことがドラマ出演の始めです。そして、活動を始めてから10年にあたる現在まで、毎年何かしらのドラマに出演をしています。最近では『ゆとりですがなにか』の主役・坂間正和の役を演じていました。また過去には大河ドラマなんかにも出演しています。

source:http://www.ntv.co.jp/yutori/index.html

source:http://www.ntv.co.jp/yutori/index.html

 

初めから主演ではなかった!?

岡田将生が芸能活動を始めたのは、2006年のことでした。2006年にはドラマに出演をしましたが、主演として出演しておらず、2008年までの2年の間は一度も主演として出演したことがありませんでした。初主演となったドラマは「フキデモノと妹」でした。その翌年には連続ドラマでは初となる主演作品『オトメン(乙男)〜夏〜』に出演しました。これをきっかけに、当時学生だった岡田将生は、大学を中退し、本格的に芸能活動に専念するようになりました。その結果、2011年からは毎年ドラマで主役を演じるほどの人気俳優となりました。2012年に出た連続大河ドラマ『平清盛』では史上最年少で「源頼朝」役とナレーションを務めています。

岡田将生はドラマだけではない!

岡田将生は、まだ20代後半という年齢で、毎年なにかしらのドラマで主役を演じるほどの人気俳優です。しかし彼の人気っぷりはドラマでけではなく、映画ももちろん、CMや舞台、ミュージックビデオなどでも役者として出演しています。またジャンルも現代のものから時代劇までいろんなジャンルで活躍をしています。

まとめ

岡田将生のドラマの経緯について紹介してきましたが、いかがでしたが?出演しているドラマが多かったので、細かく1作品毎に紹介することはできましたが、岡田将生のポイントとなるドラマについては紹介しました。のぼり調子の岡田将生のこれからの活躍も楽しみです。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

http://www.stardust.co.jp/section3/profile/okadamasaki.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。