爽やか役から腹黒まで!山﨑賢人の出演ドラマで見るキャラ遍歴

 - Entertainment, ドラマ, 俳優 , , , , , ,

デスノート

Source: http://www.ntv.co.jp/drama-deathnote/

『熱海の捜査官』でデビューした山崎賢人さん。豪華な共演者とともに演じたこのドラマ以来、人気は急上昇していきました。7月からの月9ドラマ『好きな人がいること』では、主人公との恋が期待される重要なキャラクターを演じます。現在ではすっかりと人気俳優の仲間入り。そんな彼の遍歴を見ていきましょう。

モデルからデビュー

山崎賢人さんのデビューは俳優としてではなく、モデルとしてでした。中学三年生の時に、原宿竹下通りでスカウトされ、雑誌『ピチレモン』のモデルとして活躍していた山崎賢人さん。翌年には『熱海の捜査官』で俳優デビューした彼は豪華な共演者に鍛えられたおかげでしょうか、次々とドラマや映画に出演し、一気にスターダムをのし上がっていきました。

ブレイクは米倉涼子の主演ドラマ

山崎賢人さんが一躍有名になったきっかけといえば、ドラマ『35歳の高校生』彼の演じた阿久津涼という役はそのドラマにおいて重要な役柄でした。ある意味黒幕とも言える難しい役柄を見事こなし、演技力を認められることになります。それ以来、次々と話題作に出演する人気俳優となり、ドラマ『デスノート』ではLという主人公のライバルを演じたり、少女漫画が原作の映画では次々と主役を勝ち取るなど、活躍が目立っています。

NHKドラマ『まれ』での出会い

山崎賢人さんといえば、NHKドラマ『まれ』で共演した、土屋太鳳さんとの仲が非常良いことで有名です。ファンの間では、『けんたお』と呼ばれるほどで、付き合っていると思われても仕方がないほど仲が良いのだとか。この二人はドラマ『まれ』だけでなく、映画『orange』などでも共演するなど公私ともに息のあった姿が見られるようです。演技では二人はよくぶつかることもあるそうですが、それは喧嘩などではなく、お互いの演技について話し合い、褒め合うというもの。ここまで仲が良ければ付き合っていると思われても仕方がないものですが、今のところ、恋愛関係には至ってないそうです。

まとめ

山崎賢人さんは『熱海の捜査官』から始まり、今では様々なドラマだけでなく映画で主演を獲得し、ドラマ『デスノート』や『35歳の高校生』のような話題作で難しい役柄をこなすなど、演技派としての成長が見られます。特に、少女漫画の実写映画化では主役を演じることが多く、少女漫画に出てきてもおかしくないような雰囲気を有している俳優として重宝されるなど、これからの活躍が期待されます。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

デスノート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。