三代目MV登場のパフォーマーZEN、初のフォトエッセイ刊行が決定!話題のパルクールパフォーマーの素顔に迫る

 - Entertainment, 俳優, 音楽 , ,

FLY表紙カバーデザインデータ(出力見

アジア数カ国で放送されたWindows8のCMや、人気音楽グループ・三代目J Soul Brothersの楽曲「O.R.I.O.N.」のMVで驚愕のパルクールパフォーマンスを披露し、一躍話題話題を集めたパフォーマー・ZEN。そんなルックス、パフォーマンスともに注目のZENの、自身初となるフォトエッセイ『FLY』(小学館集英社プロダクション)が、7月27日(水)に刊行されることが分かった。【プレスリリース】

パルクールとは?

ZENの登場で注目されるようになった「パルクール」という言葉。パルクールとは、「走る」「跳ぶ」「登る」といった人間が本来持つ身体能力を複合的に実践することで、パフォーマンスとして見せるストリートスポーツ。

パルクールパフォーマー・ZEN

ZENは15歳のときにパルクールの映像を見たことをきっかけに仲間とチームを結成、パルクールに取り組みはじめる。16歳のときには、トレーニングのため単身でアメリカ・ロサンゼルスに渡り、その後デンマークでも修行を積み帰国する。2011年、18歳の時に初出場した日本初開催されたパルクールの国際大会「Red Bull Art of Motion Yokohama」で5位に入賞し、アジア人初の快挙として世界に衝撃を与えた。2015年の北米大会「North American Parkour Championships」では初優勝を果たし、2016年4月の国際大会「WFPF(World Parkour Pro-Ama Championship)」でも3位に入賞するなど、世界レベルのトップパフォーマーとしての地位を確固たるものにした。

一方で、2015年の大会優勝後は、CMやEXILE TRIBEらアーティストのライブなどでの露出が増え、2013年位はLDHとのプロ契約を結んだ。パルクールパフォーマーとして多方面で活躍する ZENは、日本のパルクール界を牽引する存在となっている。

三代目 J Soul Brothers「O.R.I.O.N.」MVに一部出演

「パルクールは僕の魂のパートナー」

表紙カバー&帯デザイン(トンボなし

フォトエッセイとなっている本書では「パルクールは僕の魂のパートナー」と語るZENが、パルクールに対する真摯な思いを、そして哲学を語る。その中には「障害物はチャンス」「自分の中のイエス・ノーを大事に」といった、ZENがパルクールを通して得た「自由に自分らしく生きる」ためのヒントが垣間見える。まさにZENのファンのみならず、生き方に悩むすべての若者に読んでもらいたい内容だ。プライベートショットではパフォーマー・ZENの知られざる素顔を垣間見ることもでき、ZENの魅力が余すことなく詰まった一冊に仕上がっている。

「月刊EXILE」でも特集が決定

6月27日(月)発売の「月刊EXILE」8月号では、6ページにわたりZENの特集記事が掲載されている。7月16日(土)には、出演者の一人として名を連ねる映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の公開、さらには、7月22日(土)から始まるライブツアー『HiGH&LOW THE LIVE』にも出演が決定しており、LDHの一員としてのZENの活躍が期待できる。一方で、2016年9月に大阪、2017年1月に東京で公演される円谷プロ主宰のウルトラーヒーローが集結した舞台『ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル 2016』も控えており、ZENのパフォーマーとしての活躍はとどまるところを知らない。今後も彼の動向から目が離せない。

フォトエッセイ『 FLY』概要

タイトル:FLY
著者:ZEN
定価:1,800円+税
ISBN:978-4-7968-7630-8
仕様:A5判・並製・160頁・本文4C
発行・発売:小学館集英社プロダクション
http://books.shopro.co.jp/?contents=9784796876308


【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

FLY表紙カバーデザインデータ(出力見

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。