歌や声優もこなす!多才俳優・桐谷健太の映画界での活躍をチェック

 - Entertainment, 俳優, 映画 , , , ,

https://www.youtube.com/watch?v=-zQWavER7to

Source: https://www.youtube.com/watch?v=-zQWavER7to

テレビドラマ『九龍で会いましょう』でデビュー以来、様々なドラマや映画に出演している桐谷健太さん。多彩な才能を持つ彼は、演技にとどまらない存在感を発揮しています。

特技を活かした演技

桐谷健太さんといえば、役柄によっては歌や楽器を実際に演奏し、歌手デビューなども果たしている方。映画『ソラニン』のドラマー役のさいには自分でドラムを叩き、映画『BECK』では監督、原作者に直訴し、ラップを歌う役柄で吹き替えなしで自身の歌声を広いしました。最近話題のauのCMでは、浦島太郎役を演じていますが、そのときに使用された『海の声』では、歌とともに、三味線の演奏までもこなしています。

声優デビュー

桐谷健太さんといえば、関西弁が特徴の俳優ですが、2016年7月30日に日本で上映される『ターザン:REBORN』という作品で、吹き替えを担当されました。関西弁がトレードマークですが、吹き替えでは関西弁はNG。そのため、関西弁のイントネーションが出て撮り直したそうです。彼の関西弁は強烈な印象を残しますが、声だけの演技では、その個性を消すのはちょっと難しいようです。

井筒監督のお気に入り

桐谷健太さんの銀幕デビューは、井筒監督の映画『ゲロッパ!』です。それ以来、桐谷健太さんは井筒監督のお気に入りだそうで、彼を「健太はウチの卒業生の出世頭」と賞賛しています。井筒監督の多数の作品に出演していて、中でも、映画『パッチギ! LOVE&PEACE』では役作りのために一ヶ月で15kg増量し、撮影後一ヶ月で元の体重に減量するなど、彼の役者根性が堪能できる作となっています。

まとめ

桐谷健太さんは俳優としても一流ですが、それ以上に多彩な才能と、持ち前の人柄がファンや同業者を魅了しているようです。当然役者としても一流で、一ヶ月で15kgの減量を行うなど、役づくりにも余念がありません。また、彼の特技である歌声のファンも多く、歌手デビューを果たし、更には映画などで実際に歌ってみせるなど、スクリーンでは演技にとどまらない存在感を発揮しています。近年では映画の吹き替えを行うなど、活動の幅を広げ、ますあます活躍の機会を増やしています。彼のこれからの活躍が期待されます。

https://www.youtube.com/watch?v=-zQWavER7to

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。