【ルパン三世】実写が多め?美形俳優・玉山鉄二の出演映画 初出演作から最新ヒット作まで【逆境ナイン】

 - Entertainment, 俳優, 映画 , , ,

http://www.merrygoround.co.jp/tetsuji-t/

Source: http://www.merrygoround.co.jp/tetsuji-t/

日本テレビのサスペンスドラマ『そして、誰もいなくなった』(毎週日曜よる10時半)で怪しい雰囲気を纏った官僚・小山内を好演中の玉山鉄二。そんな彼のこれまでの映画出演はどういったものだったのでしょうか。

実は戦隊物から始まった映画出演。1999年(当時19歳)から始まった俳優活動も15年以上のキャリアを積み、そんな中堅俳優が出演している映画について紹介していきたいと思います。

戦隊物をきっかけに映画も出演

初めての映画出演は、ドラマで出演していた戦隊物シリーズ『百獣戦隊ガオレンジャー』の映画化によるものでした。『百獣戦隊ガオレンジャー』によって玉山鉄二の知名度があがり、それ以後は毎年映画に出ており、恋愛映画や医療映画、時代映画やさまざまなジャンルの映画に出演しています。また厳つい顔ももっていることからVシネマなどにもしていた経験があります。

玉山鉄二の初主演映画『逆境ナイン』について

2005年に、玉山鉄二にとって初主演となる映画『逆境ナイン』に出演しました。この作品は月刊少年キャプテンに連載されていたスポ根とギャグの混ざった野球漫画を実写化したものです。その漫画に登場する主人公「不屈闘志」を演じたのが玉山鉄二です。この漫画は非現実的な逆境に対して不屈の闘志で乗り越えていくとというものがたりで、破天荒な展開で、逆境を乗り越えることがあるので、作者はギャグ漫画と呼んでいます。しかし、読者によってはスポ根としても解釈することができるので非常に人気の出た作品です。また実写化映画した後、人気が再熱して、ノベライズ化もされています。

実写化で出演することが多い?

玉山鉄二はマンガやアニメなどの実写化される際に多い?アニメにはイケメン顔や渋い顔が登場することも多いので、玉山鉄二のような濃くキリッとしたイケメンは珍しいこともあるように思います。そのため一番直近では、ルパン三世の実写映画化の際には「次元大介」として出演していました。玉山鉄二にヒゲのイメージも強いことから「次元大介」という役がらもマッチしていました。

まとめ

玉山鉄二の映画について紹介してきましたが、いかがでしたか?俳優として活動して15年以上のキャリアを持っているだけあって、玉山鉄二が出演している全ての映画について紹介することができず、ほんの一部しか紹介することができませんでしたが、そもそも大人な顔もっている俳優として活躍してきました。今後は一児の父親としての表情で新たな活躍をしてくれることが楽しみです。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

http://www.merrygoround.co.jp/tetsuji-t/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。