【舞台版おそ松さん・松ステ ④】四男・一松役の北村 諒が気になる!

 - Entertainment, サブカルチャー, 俳優 , , ,

一松_松ステ

Source: https://mobile.twitter.com/osomatsu_stage

社会ブームを巻き起こした人気アニメ『おそ松さん』。偶像日本では、そんな人気アニメの実写舞台『おそ松さんon STAGE ~SIX MEN'S SHOW TIME~』にキャスティングされたイケメン"2.5次元俳優"たちにフォーカスを当てて特集する。 

松野家四男・一松を演じる

第四弾では、四男・一松を演じる北村諒を特集。

https://twitter.com/osomatsu_PR/

https://twitter.com/osomatsu_PR/

一松は、マイペースな皮肉屋。自虐的な根暗な性格で、常に生気のない半目をしており、髪の毛はボサボサで猫背。「友達は要らない」と豪語しており、兄弟たちに心配されるほどの社交性の無さであるが、猫に対しては一定以上の愛情を抱いており、時折自ら猫化までしてしまう。ナルシストなカラ松とは不思議なほど折り合いが悪く、カラ松が自分を擁護するような発言をした時でさえ胸ぐらを掴むような行動も見せる。イメージカラーは紫。アニメ版では、声優・福山潤が声を担当した。

俳優・北村諒とは?

そんな一松を演じるのは北村諒。北村は、1991年1月25日生まれ、東京都出身の25歳(2016年7月現在)。アイズに所属する北村は、現在俳優兼ファッションモデルとして活躍している。大学一年のころより、スカウトされたことをきっかけにサロンモデル(ヘアモデル)としての活動を開始し、その後読者モデルやショップ店員として露出を増やしていく。

俳優としてのキャリアは、2012年のドラマ『黒の女教師』の第1話にゲスト出演、脱法ハーブで荒稼ぎするCafe&Bar「BLACK berry」の店員を演じた。その後は活躍の場を舞台へと移し、特にそのルックスを生かしたアニメやゲーム原作の作品に多く出演している。代表作としては、『弱虫ペダル』(2014〜)『八犬伝―東方八犬異聞―』(2015)『暁のヨナ』(2016)『刀剣乱舞』(2016)『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』(2016)『青の祓魔師』(2016)などが挙げられる。また、ファッションモデルとしての活動も継続中で、現在原宿系メンズファッション雑誌『CHOKi CHOKi』で専属モデルを務める。

どっぷりアニメオタクっぷりが話題に?!

北村諒がその知名度を一気に広めたきっかけは、2015年4月に放送された日本テレビ系の人気バラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』への出演。今ドキな生活スタイルを体現する「平成ゆとり世代」の代表として登場すると、そのルックスとは似ても似つかぬアニメオタクっぷりを公開し話題となった。

VTRの中では、アニメ『妖狐×僕SS』の主人公・白鬼院凜々蝶(りりちよ)のフィギュアを見つめ、「むっちゃ可愛い」とコメント。さらに、「実際の人よりこっち(2次元キャラ)の方が興奮します」と続け、その筋金入りっぷりを明かし、多くの視聴者を驚かせた。

そうした背景もあり、アニメ・ゲームファンの女性を中心に人気を博す北村。北村が一体どんな一松を演じるのか注目だ。

『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』概要

【大阪公演】
2016年9月29日~10月3日
会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【東京公演】
10月13日~10月23日
会場:Zeppブルーシアター六本木

【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

一松_松ステ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。