中島裕翔、初単独主演ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新人社員』原作やあらすじ、共演者や監督をチェック!

 - 2016夏ドラマ, Entertainment, アイドル, ジャニーズ, ドラマ , ,

http://www.fujitv.co.jp/hope/

Source: http://www.fujitv.co.jp/hope/

Hey!Say!JUMPのメンバーである中島裕翔さんが、2016年の夏ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新人社員〜』において主演に大抜擢されました。中島さんがゴールデンタイムの連続ドラマで単独主演を務めるのは今回が初めてです。

ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新人社員』について

本ドラマの原作となったのは、2014年に韓国において放送された『ミセン−未生−』という作品。このドラマは元々同名の大人気Webコミックが映像化されたもので、プロ棋士の夢に敗れた主人公が総合商社で働くことになり、成長していくというストーリーです。これまでの韓国ドラマにありがちな恋愛モノとは異なり、様々な社会問題にもスポットライトを当てたことで、大きく注目を集めました。このドラマを日本社会に置き換えてリメークしたのが本ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新人社員〜』です。

ドラマのあらすじ

主人公の一ノ瀬歩は幼少期に囲碁と出会ったことがきっかけで、プロ棋士になるために人生を捧げてきました。プロ棋士採用試験に合格するために日夜努力を続けていたものの、父の死や母の過労などの不幸が相次ぎ、歩自身も試験に落ちてしまいます。道を閉ざされてしまった歩は、母の計らいでとある総合商社でインターンとして働くことに。そこで待っていたのは過酷な世界でしたが、歩はそんな中でも困難に立ち向かっていきます。

主演の中島裕翔さんの意気込み

中島裕翔さんがTVドラマで主演を務めるのはこれで5回目ですが、ゴールデンタイムの連続ドラマの単独主演は今回が初めてです。2016年1月に公開された映画『ピンクとグレー』で映画初主演を果たした際にも監督から絶賛された中島さん。『半沢直樹』や『デート〜恋とはどんなものかしら〜』といった過去のドラマでは有能なサラリーマンの役を演じてきましたが、これまでとは真逆とも言える役柄をどう演じるのか期待大です。ドラマの公式ホームページのコメントで、中島さんは主人公の心情と重なる部分があると語っていて、作品を通して働く人々に希望を与えたいと意気込んでいます。

まとめ

中島裕翔さんの主演で注目を集める『HOPE〜期待ゼロの新人社員〜』。働く人々を通して社会を描く、これまでとはひと味違ったドラマということで、作品を通して共感できる視聴者もいるのではないでしょうか。今後の展開も非常に気になります。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

http://www.fujitv.co.jp/hope/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。