ハリウッド映画にも出演する赤西仁の出演作情報!努力の英語力で子供の頃からの夢を見事に叶える

 - Entertainment, 俳優, 映画 ,

4ef871676eae37ab22709e0f16457120

2006年にKAT-TUNのメンバーの一人として華々しくCDデビューをした赤西仁さんですが、彼は活動中にアメリカへ語学留学の経験もあり英語が得意です。日本でも映画作品に出演してきましたが、脱退後は海外の映画にも出演し活躍しています。

日本での映画出演作品について

赤西仁さんは、KAT-TUNのメンバーとして活動中の時には、数多くのテレビドラマに出演してその度に人気を博してきましたが、実は映画にも出演しています。日本で最初に映画に出演したのは『BANDAGE』でした。この映画では見事初主演を果たしています。赤西仁さんは、主演のナツ役を熱演しています。ストーリーとしては、1990年代のバンドブーム真っ只中、『LANDS』というバンドを組んだ若者達が、メンバーの仲間らと共にメジャーへの階段を登っていく過程の中で起こるメンバー同士の友情や確執と崩壊。またその『LANDS』に自分達の夢を託した大人の欲望や葛藤、そしてあることをきっかけにバンドに関わるようになった1人の女子高生と赤西仁演じるナツとの切ない恋模様が描かれています。

海外での映画出演作品について

赤西仁さんは、2010年にKAT-TUNを脱退したその翌年の2011年にはソロデビューアルバムを日本でリリースしました。それ以外にもアメリカで、ワーナーミュージック・グループと契約しています。続けて日本でも人気のあるアメリカ俳優のキアヌ・リーブスが主演した『47RONIN』でハリウッド映画にも出演を果たしました。これは日本のあの『忠臣蔵』を新たな視点から描いた映画で、その作品になんと赤西仁さんはオーディションに参加し自分の英語力を生かして、キアヌの演じるカイという人物の親友役である主税(ちから)を見事にゲットしました。彼のソロ活動開始後では初の俳優としての作品となりました。

その他の海外映画出演作品について

赤西仁さんは子供の頃から海外で活動する事をずっと夢見てきたのだそうで、その夢をKAT-TUNを脱退しても着実に実行して実現してきています。先ほどご紹介した『47RONIN』の他にも、またまたハリウッド映画作品に出演しています。それは高い人気を誇る格闘ゲームである『鉄拳2』のハリウッド実写版映画への出演で、赤西仁さんは、この作品では風間仁役で出演しました。この映画は日本では2016年1月に上映されています。

まとめ

大手所属事務所のジャニーズ事務所を離れてしまったにも関わらず、海外にもその活躍の場を見出して活躍している赤西仁さんですが、ハリウッド映画に出演できるというのは並大抵の努力ではないと思います。英語力だけでなく表現力やコミュニケーション能力が問われるからです。また文化の違いも理解しなくてはなりません。そんな厳しい世界でも役を掴んで映画に出演している赤西仁さんて、単にかっこいいだけでなく本当に凄い人ですね!


【この記事を読んだあなたにオススメ】
【心臓の弱い方はご遠慮ください】稲川淳二に呪怨…夏によく"効く"日本のホラー作品特集
芸能ニュース!ヘドロのような熱愛劇を繰り広げた芸能人
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

4ef871676eae37ab22709e0f16457120

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。