欅坂46のハロウィンイベント衣装がTwitterで炎上「ナチスの衣装にしか見えない」

 - Entertainment, アイドル, 欅坂46, 社会・ビジネス

http://www.keyakizaka46.com/

Source: http://www.keyakizaka46.com/

10月22日に横浜アリーナで行われたハロウィンライブイベント『Perfect Halloween 2016』に出席した欅坂46の衣装が、ナチス・ドイツの軍服に酷似しているとの指摘がネット上で相次ぎ、人気SNS・Twitterで炎上する騒ぎとなっている。

問題となっているのは、ハロウィン用にデザインされたとされる軍服をモチーフとした全身真っ黒な衣装。ワンピースを元に、黒マントと制帽を合わせており、その全てがナチスドイツを連想させるものになっている。特に、制帽に施された両翼を広げた鷲のような刺繍は、ナチスドイツの国章として同様に制帽に刺繍されていた鷲章に酷似している。

Twitterではファンからも批判の声

ハロウィンにお披露目された衣装を受け、ネット上には厳しい意見が相次いで投稿されている。

「これは完全にアウトでしょ」「さすがに擁護できない」「運営は誰も気づかなかったのか?」「メンバーに非はないだろうけどね…」など、普段は彼女たちを応援しているファンからも辛辣な意見が寄せられた。

デビュー曲でも「ナチス的」との批判

元々、デビュー曲からの制服も軍服的なデザインなどとささやかれており、一部振り付けが「ナチス式敬礼」に酷似しているダンスも当初から批判を浴びることが多かった同グループ。それでもデビュー作が女性アーティストのデビューシングル初週売上歴代1位に輝き、発売月には既にテレビ朝日の人気音楽番組『ミュージックステーション』への出演を果たすなど、姉妹グループの乃木坂46やAKB48を凌駕する大躍進ぶりを見せてきた。そんな異例の活躍を見せてきた同グループに、今回の騒動は今後の活動にどんな影を落とすのか。

http://www.keyakizaka46.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。