乃木坂46『サヨナラの意味』MVの隠れメッセージにファン感動 「御三家は永遠だから」の一文

 - Entertainment, アイドル, 乃木坂46, 音楽 , , , ,

乃木坂46『サヨナラの意味』MVの隠れメッセージにファン感動 「御三家は永遠だから」の一文

21日に公開された乃木坂46の16thシングル『サヨナラの意味』(11月9日発売)のミュージックビデオ(MV)。人気メンバー・橋本奈々未の卒業&芸能界引退曲となっていることもあり、普段より一層の注目を集める。そんなMVの劇中で使用される文庫本に、ファンを感動させるあ“あるメッセージ”が隠されていると話題となっている。

難解な世界観を持つミュージックビデオ

同MVは、人間と身体に鋭いトゲを持つ棘人(しじん)とが共存する架空の世界が舞台となっている。かつて互いに争っていた人間と棘人とが、共に生きて行くことを誓った契りを忘れないために行われる儀式「棘刀式」をめぐりストーリーは展開される。儀式の人間代表に西野七瀬、棘人代表に橋本奈々未が選ばれ、はじめは距離遠かった2人が徐々に心を通わせていくというストーリー。

とは言え、世界観が難解である上に隠れたメッセージ性も強く、こうした言葉では言い表せない意味があるとファンの間では囁かれており、ネットではMVの解釈をめぐって日々討論が繰り広げられている。

隠れメッセージにファン感動

そんな解釈討論が巻き起こるMVで、ある1シーンが涙せずにはいられないと話題となっている。

そのシーンはMVの3分35秒あたりからの、西野が読んでいる「棘人とネコ」という文庫本が見開きでアップされるシーン。すぐに西野の顔へとカメラが向いてしまうため、本が映されるのはほんの2〜3秒なのだが、この開かれたページに「それでも御三家は永遠だから」という一文が記載されているのだ。

御三家とは

乃木坂46の御三家は、橋本奈々未・白石麻衣・松村沙友理の3人。デビュー当初にファンからの絶大な支持を集め、グループ人気の火付け役的な役割を負った、すなわち結成当初よりグループを引っ張ってきた彼女たちをファンはそう呼ぶ。デビュー当初から乃木坂46を応援しているファンにとっては特に思い入れの強いメンバーということになる。

今回卒業を発表した橋本はそんな御三家として注目を集め、さらにデビュー作から卒業までの16作連続で福神(運営が反響やレッスン成果を元に選ぶ「選抜の中の選抜」メンバー)に入り続けるなど、乃木坂46の人気には欠かせないメンバーの一人であった。そんな人気メンバーが突然、卒業だけでなく芸能界まで引退するというニュースにショックを隠せないファンも多かったなか公開されたMV内でのさりげない演出に、多くのファンが感動の渦に巻き込まれた。

感動のコメント続々

「感動した…」「涙出てきた」「すごいなこれ!」「この演出はずるいわ」「やっぱり御三家は特別な存在」といった声がネット上では相次ぎ、改めて橋本奈々未の存在の大きさを実感するファンは多かったようだ。

乃木坂46『サヨナラの意味』MVの隠れメッセージにファン感動 「御三家は永遠だから」の一文

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。