【欅坂46ナチス酷似衣装問題】英大衆紙デーリー・ミラーが騒動報じる 米・ユダヤ団体も批判で問題は世界規模に

 - Entertainment, アイドル, 欅坂46

http://www.wiesenthal.com/

Source: http://www.keyakizaka46.com/

欅坂46が先月22日のハロウィンライブイベントで着用した衣装が、ナチス・ドイツの軍服に酷似しているとして炎上している問題で、イギリスの大衆紙「デーリー・ミラー)」や「デーリー・メール」(共に電子版)では31日までに一連の騒動を報道した。

英紙報道に次ぎ、米ユダヤ団体も非難

http://www.wiesenthal.com/

http://www.wiesenthal.com/

有名紙での報道が為されると、問題は世界的な関心の的となった。その中で、アメリカのユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」は、自身のホームページ上で「ナチス風の制服を着た10代の若者がステージでダンスをしている様子は、ナチスの大量虐殺の犠牲者に多大な苦痛を引き起こす」と今回の騒動を厳しく非難した上で、プロデューサーの秋元康氏やレコード会社のソニー・ミュージックに対して謝罪を要求している。

衣装がナチスドイツの軍服に酷似

問題の発端は、10月22日横浜アリーナで行われたハロウィンイベント「Perfect Halloween 2016」。欅坂46は、この日のためにデザインされたという軍服をモチーフとした衣装で登場したが、制帽に刺繍された鷲のような刺繍や、マントのデザインがナチス・ドイツの軍服に酷似しているとして、ネットを中心に批判が相次いでいた。

 

http://www.wiesenthal.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。