NMB48 16thシングル「僕以外の誰か」のMVが公開&カップリングは上西恵卒業ソング センターや選抜、MVの解釈とは?

 - AKB48グループ, Entertainment, アイドル, 音楽 , , ,

CybZjshVEAA_ET4

NMB48 16thシングル「僕以外の誰か」のミュージックビデオを公開

12月4日、NMB48の16thシングル「僕以外の誰か」のミュージックビデオがYoutube公式チャンネルにて公開された。同楽曲は2016年12月28日のまさに年の瀬に発売を控えており、前作15thシングル「僕はいない」をもって卒業した中心メンバー渡辺美優紀不在となって初のシングルということで注目を集める。

公開されたミュージックビデオはこちら

12月4日に初披露となったミュージックビデオは、NMB48のこれまでの楽曲とは一線を画すもの。ラップが織り込まれた本格的なダンスナンバーに合わせてメンバーがストリートダンスを披露する。要所要所で個々のメンバーが見せるクールな表情は必見だ。

センターに選出されたのは絶対的エースの山本彩。14thシングル「甘噛み姫」以来の2作ぶりのセンター復帰となった。(15thシングルは山本と同じく中心メンバーだった渡辺美優紀の卒業ソングのため、渡辺が1st以来2度目の単独センターを務めた。)

「黒×赤×レオパード」がクールな新衣装

クールなダンスナンバーというだけあり、衣装もそれにあわせたような仕様になっている。前作衣装が花とパステルカラーを基調としたふんわり雰囲気の衣装だっただけに、対比してみると全く別のグループのような印象さえ受ける。1st「絶滅黒髪少女」でセンターを務めて以来、山本彩と2トップでグループを牽引してきた渡辺美優紀卒業後、心機一転上を目指していくのだというグループの強い意志が見えるようだ。

NMB48としては最大の挑戦となるラップ&ダンス楽曲だが、はやくも自分たちのものにしている様子が見てとれ、ファンからも「今までと違う雰囲気だけど、NMBらしい」といった声が多く見られた。

11月29日(火)放送の日本テレビ系音楽番組「音楽の祭典 ベストアーティスト2016」で「僕以外の誰か」を初披露したNMB48。

https://twitter.com/
11月29日(火)放送の日本テレビ系音楽番組「音楽の祭典 ベストアーティスト2016」で「僕以外の誰か」を初披露したNMB48。

NMB4815thシングル「僕はいない」の衣装。左から渡辺美優紀、山元彩、白間美瑠、矢倉楓子。

https://twitter.com/
NMB4815thシングル「僕はいない」の衣装。左から渡辺美優紀、山本彩、白間美瑠、矢倉楓子。

「僕以外の誰か」の衣装に身を包んだメンバーたち。メイクも衣装に合わせて普段よりもクールな印象にしている。女性の間で流行する赤リップブームを加速させる新たな火種にもなりそうだ。

卒業発表の上西恵とセンターの山元彩の2ショット。

https://twitter.com/jonishi3/status/803572110866063361
卒業発表の上西恵とセンターの山本彩の2ショット。

NMB48吉田朱里と植村梓の2ショット。

https://twitter.com/_yoshida_akari/status/803700476097142784
NMB48吉田朱里と植村梓の2ショット。

 

アクロバティック振り付けは欅坂46振り付け担当のTAHAHIRO

今回の楽曲でラップ調のAメロとともに特筆すべきなのが、アクロバティックなダンス。都会のアンダーグラウンドな雰囲気のセットの中、クールな衣装をまとったメンバーたちがアイドルらしからぬ本格ストリートダンスを披露する。

実は、今回のNMB48の「僕以外の誰か」の振り付けを担当したのは、振付師兼TAKAHIRO(上野隆博)氏。 AKB48G(グループ)公式ライバルの坂道シリーズ・欅坂46のこれまでの全楽曲「サイレントマジョリティー」「世界には愛しかない」「二人セゾン」を手がけたことでアイドルファンの間でも知名度を上げた人物だ。特に「サイレントマジョリティー」は、2016年8月26日放送のテレビ朝日「ミュージックステーション」の番組内企画「プロが選んだ振付がすごいJ-POPランキング」にて歴代J-POPの中で8位にランクインするなど、欅坂46デビュー曲をダンスが注目される楽曲としての認知に導いた凄腕の振付師なのだ。

NMB48の楽曲でも、Aメロ部分から山本彩の激しいダンスを山本彩加が受け継ぎ踊り続ける様子など、印象的なシーンが多い。とくにサビでは、彩加の背中を山本彩が飛び越えセンターポジションにつくという演出がなされ、ネットを中心にすでに賞賛の声が散見される。

NMB48 16thシングル「僕以外の誰か」公式ミュージックビデオより。

https://www.youtube.com/
NMB48 16thシングル「僕以外の誰か」公式ミュージックビデオより。

 

「僕以外の誰か」のセンター・選抜メンバー

渡辺美優紀不在となってから初のシングル「僕以外の誰か」の気になる選抜メンバーは次のようになっている。人数は、前作より4人増の20人で、歴代4番目タイの人数となる。

センター
山本彩  (1期/チームN)

選抜メンバー
上西恵  (1期/チームN)
吉田朱里 (1期/チームN)
沖田彩華 (1期/チームM)
白間美瑠 (1期/チームM)
須藤凜々花(ドラフト1期/チームN)
内木志  (ドラフト1期/チームBⅡ)
谷川愛梨 (2期/チームM)
村瀬紗英 (2期/チームM)
矢倉楓子 (2期/チームM)
太田夢莉 (3期/チームN)
加藤夕夏 (3期/チームN)
久代梨奈 (3期/チームM)
薮下柊  (3期/チームBⅡ)
川上千尋 (4期/チームBⅡ)
渋谷凪咲 (4期/チームBⅡ)
城恵理子 (4.5期/チームN)
藤江れいな(AKB48からの移籍/チームM)
植村梓  (ポスト山田菜々/チームM)
山本彩加 (5期/研究生)

ファンの間で四天王と呼ばれる白間美瑠、矢倉楓子、渋谷凪咲、薮下柊のほか、上西恵や吉田朱里といった1期生たちが名前を連ねる一方で、今回は若手メンバーの選出が目立った。特に象徴的だったのが、5期に加入し現在研究生として活動する山本彩加のメインポジションへの抜擢。山本彩加は2017年の新体制によりチームNに昇格することが内定しているものの、2016年6月にお披露目されてばかりの5期生メンバーが早々にメインポジションに選出されるのは異例であると言える。そういった意味でも新たなNMB48を象徴する楽曲と言える。

 

チームN昇格予定の山本彩加の出世っぷりがすごい

上述の通り、現在研究生の5期メンバー・山本彩加の出世っぷりはほかのメンバー・ファンともに衝撃を受けるほどだ。今回の楽曲ではセンター・山本彩の2番手ともとれるメインポジションを獲得している。ミュージックビデオの中では2人の山本が対峙してダンスを繰り広げる様は圧巻である。

NMB48 16thシングル「僕以外の誰か」の公式MVより。メインポジションに抜擢された5期生の山本彩加。

https://www.youtube.com/
NMB48 16thシングル「僕以外の誰か」の公式MVより。メインポジションに抜擢された5期生の山本彩加。

 

山本彩加のプロフィール

NMB48研究生の山本彩加。

http://www.nmb48.com/
NMB48研究生の山本彩加。

 

山本彩加(やまもと あやか)は、2002年8月6日生まれの14歳(2016年12月現在)で、あーやんの相性で親しまれる。身長155cmと小柄ながら空手を特技とする。

センターの山本彩(やまもと さやか)とは名前が類似しており、中学1年生まで習っていたという空手の試合会場でも「やまもとさやか」と間違えて呼ばれることが多かったという。そういったことから山本彩の存在、NMB48を知ったという山本彩加はやがて同グループのファンとなり、のちにオーディションを受けるまでになったとも話している。

山本彩加は2016年8月9日にNMB48劇場で開催された『チームBⅡ「逆上がり」公演 渡辺美優紀 卒業公演』で、みるきー選抜のセンターとして前座に登場。1stシンッグル収録曲「待ってました、新学期」を披露。渡辺により「フレッシュさ120%」との選考基準で選出されたというメンバーのセンターに5期の研究生が異例の抜擢をされた。

渡辺美優紀卒業後に、センターポジションでテレビ初登場

「ベストヒット歌謡祭 2016」にてNMB48 15thシングル曲「僕はいない」を披露したあと、各グループセンターとして集結。

https://1124naoka.amebaownd.com/
「ベストヒット歌謡祭 2016」にてNMB48 15thシングル曲「僕はいない」を披露したあと、各グループセンターとして集結。左から島崎遥香(AKB48/ハイテンション)、平手友梨奈(欅坂46/サイレントマジョリティー)、山本彩加(NMB48/僕はいない)、橋本奈々未(乃木坂46/サヨナラの意味)

その後、渡辺美優紀の卒業後、日本テレビ系音楽特番『ベストヒット歌謡祭2016』に渡辺に変わってセンターとして出演、テレビ初歌唱にして重要ポジションを務めるという大役をこなした。

各メディアからも「期待の新星」「超新星」と絶賛され、またファンからも「神の子」として期待を集める山本彩加。まさに正式メンバーへの昇格後の活躍も期待できそうだ。


センター・山本彩の、MV冒頭にマイクを投げる演技や歌詞の真相は?

NMB48 16thシングル「僕以外の誰か」の公式MVより。冒頭で、センターの山本彩がメンバーらに向かってマイクを投げるシーンが流れる。

https://www.youtube.com/
NMB48 16thシングル「僕以外の誰か」の公式MVより。冒頭で、センターの山本彩がメンバーらに向かってマイクを投げるシーンが流れる。

繰り返しになるが、NMB48 16thシングル「僕以外の誰か」は、NMB48創成期よりグループの中心メンバーとして活躍してきた渡辺美優紀の卒業後初となるシングル曲というだけあり、ファンからは一層の注目を集める同楽曲。それだけにミュージックビデオの演出には様々な憶測を呼んでいるようだ。

例えば冒頭の、センター・山本彩とその他のメンバーが対峙するシーン。対峙したあと、山本が握っているマイクをメンバーらに向かって投げる演出がある。ほかに歌詞を見ても、「僕以外(誰か)ふさわしい奴がいる」「近くに僕がこのままいたら 君はきっと生まれ変われない」といった意味深なフレーズが登場する。そんな歌詞やミュージックビデオの演出を受け、ファンの間では様々な憶測・解釈が飛び交っているようだ。

「僕以外の誰か」解釈① エース・山本彩の卒業が近い?

今回の楽曲「僕以外の誰か」含めセンターを務めた回数が最も多い山本彩。2016年の45thシングル選抜総選挙では、派生グループで松井珠理奈に次ぐ4位を記録するなど、卒業名実ともに「NMB48の顔」としてグループを牽引してきた山本の卒業が近いのではないかとの憶測が飛び交っている。

たしかにNMB48のセンターのイメージが強く根付いた山本がほかのメンバーに向かって、アイドルの命でもあるマイクを放り投げることは「バトンタッチ」のような意味にもとれる。

加えて山本彩のソロ活動の順調さがこの説の信憑性を強めていることにもなっているようだ。もともと芸能界デビュー直後にガールズバンドを結成して歌手として活動していた山本。NMB48のメンバーとしてもギターを弾く姿が度々披露されてきたのだが、2016年10月26日には自身で作詞作曲を務めた楽曲「雪恋」等を含むソロアルバム「Raibow」が発売されアーティストとしてのソロ活動が増えている。ギター・マガジンでの表紙グラビアを務めるなどもしており、一部ファンからは「卒業するための準備では?」といった意見も囁かれてきた。

そうした噂や疑惑がもともとあっただけに、今回のミュージックビデオの演出によってこの卒業疑惑が強まることになったようだ。

「僕以外の誰か」解釈② 山本彩がセンターの座を明け渡す?

もう一つはセンターの座をほかのメンバーに明け渡すのではないかというもの。上記と似通った解釈だが、すぐに卒業するというものではなく、17thシングル以降は山本彩は卒業曲以外のセンターは務めないのではないかという解釈があがっている。

たしかに山本彩の存在はNMB48にとって大きく、NMB48の知名度をここまで大きくしたのは山本彩の活躍に依存する部分も大きいだろう。そのため、グループの知名度の一方で、山本彩以外の個々の知名度が追いついていない状況が出来上がってしまった。そうした状況を打破するために、今まで絶対的センターだった山本彩がセンターの座を譲るという解釈が生まれたようだ。

そして、そのセンターの座を明け渡す相手として有力視されているのが、期待の新星である山本彩加。2人が対峙してダンスをするシーンや、サビ中の山本彩最大の見せ場である山本彩加が力を貸して飛び越えるいうシーンを見ても、山本彩加が2番手的に描かれているのは明白である。までお披露目されてから1年もたっていない新人でありながら、テレビでセンターを務めるなど大出世を遂げる山本彩加。“マンネリ化”してしまったNMB48が現場を打破するために、期待の新人をセンターに持ってくるというのはテコ入れの観点からもあり得ない話ではないだろう。

「僕以外の誰か」解釈③ 山本彩からの「早くここまで上がってこい」と鼓舞する表現?

これは解釈②をポジティブに解釈したもの。良くも悪くもNMB48の「絶対的センター」として独走を続ける山本彩が、早く自分のほかにもグループの担い手を作らなければという使命感のもと、ほかのメンバーたちを鼓舞しているのではないかという解釈のようだ。

山本彩と渡辺美優紀の2人が牽引してきたNMB48。そして、渡辺卒業後の今はそれは山本彩が一手に担っている。先のAKB48 45thシングル選抜総選挙では、4位に山本彩がランクインした一方で、グループ2位は24位の白間美瑠。もちろんそれも素晴らしい順位ではあるものの、SKE48やHKT48といったほかの派生グループよりも上位にランクインする人数が少ないことを意味した。山本以外はいまいち全国的な知名度を掴みとれていないということが証明されてしまったということでもある。いつまでも山本一辺倒な状況にいるのではなく、ほかのメンバーも山本と同じ位置までのし上げたいという強い意志があるのではないかとも推測されるのだ。

いずれにしても、今後のNMB48の動向からは目が離せそうにない。

カップリング曲「途中下車」は上西恵初センター&卒業ソング

同時期に16thシングルのB面として「途中下車」という楽曲が収録されることが決まった。すでに卒業を発表しているメンバー・上西恵がセンターを務め、同曲が彼女の卒業ソングになることが発表された。

同曲の参加メンバーはセンターの上西恵自身が決めたといい、吉田朱里、須藤凜々花、川上礼奈、林萌々香、梅山恋和、上西怜がメンバーとして名を連ねた。中でも上西怜は上西恵の実妹であり、卒業ソングにして初の姉妹コラボが実現することとなった。

NMB48上西恵の実妹である上西怜。5期生の研究生として活動する。

http://www.nmb48.com/
NMB48上西恵の実妹である上西怜。5期生の研究生として活動する。

上西は、上記メンバーの選出理由をTwitterで下記のように明かしている。

朱里⇨沢山助けてくれた
モカ⇨もっと見つかって欲しい
怜⇨君に全てを託します
りりか⇨隣にいて欲しい
れな⇨選抜入って欲しい
恋和⇨これから沢山成長してほしい

(引用)https://twitter.com/jonishi3

自身のNMB48としての活動を振り返った際に、印象的だったメンバーを中心に選んだようで、上西のNMBとしての思い出が詰まった楽曲であるとも言える。そうした背景を思いながら聴いてみるのも良いだろう。

選出された吉田朱里は、喜びの思いを自身のInstagramでコメント。楽曲「途中下車」に強い思いを込めていることが読み取れる。

昨日発表がありました NMB48 16th 僕以外の誰か のカップリング曲で けいっちこと上西恵ちゃんの 初センター曲🎀🎀🎀 #途中下車 という曲が収録されますっ💘💘💘 恵ちゃんがメンバーも選んでくれて 私も歌わせていただけることになりました🙈💗 1番私のことを理解してくれて 支えてくれる恵ちゃん😢😢 最近もほとんど毎日一緒にいるけど もうすぐ隣に恵ちゃんが居なくなるんだと思うとやっぱり寂しくなります。 でも こうして恵ちゃんの 卒業ソング、初センター曲に 参加させていただけてめっちゃ嬉しい😊😊😊 大切に大切に歌わせていただきます💕💕💕 曲も本当に良い曲で レコーディングが終わってからも 何回も何回も聴いてる👏🏻👏🏻👏🏻 12月28日発売なので 楽しみにしててくださいねっ🙆🏼🙆🏼 #NMB48 #僕以外の誰か #けいリン #けいっち #上西恵

A photo posted by 吉田朱里 (@_yoshida_akari) on

 

NMB48 16thシングル「僕以外の誰か」概要

タイトル:僕以外の誰か

発売:2016年12月28日(水)

販売形態:全5形態
A面シングルと上西恵卒業ソング「途中下車」は全タイプに収録される。

通常盤 Type-A(CD+DVD+特典)
YRCS-90136 1,524円(税抜)

NMB48/僕以外の誰か<通常盤>Type-A[CD+DVD]≪特典付き≫【予約】

価格:1,646円
(2016/12/5 17:09時点)
感想(0件)

通常盤 Type-B(CD+DVD+特典)
YRCS-90137 1,524円(税抜)

NMB48/僕以外の誰か<通常盤>Type-B[CD+DVD]≪特典付き≫【予約】

価格:1,646円
(2016/12/5 17:08時点)
感想(0件)

通常盤 Type-C(CD+DVD+特典)
YRCS-90138 1,524円(税抜)

NMB48/僕以外の誰か<通常盤>Type-C[CD+DVD]≪特典付き≫【予約】

価格:1,646円
(2016/12/5 17:08時点)
感想(0件)

通常盤 Type-D(CD+DVD+特典)
YRCS-90139 1,524円(税抜)

NMB48/僕以外の誰か<通常盤>Type-D[CD+DVD]≪特典付き≫【予約】

価格:1,646円
(2016/12/5 17:07時点)
感想(0件)

劇場版(CDのみ)
YRCS-90140 952円(税抜)


Discussion

〜SNSでシェアしてアイドルを応援しよう!〜

CybZjshVEAA_ET4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。