【乃木坂工事中】乃木坂46秋元真夏の私服があざとい!グラビアまであざとい…可愛いのに頭が大きい疑惑とは?

 - Entertainment, Fashion, アイドル, グラビア, コーディネート, 坂道シリーズ , ,

毎週日曜深夜0時〜テレビ東京系で放送中の、乃木坂46の冠バラエティ番組「乃木坂工事中」。MCはバナナマンの2人が務める。

乃木坂46・秋元真夏、『乃木坂工事中』であざとい私服を披露

毎週日曜深夜0時〜放送中の人気番組『乃木坂工事中』

毎週日曜深夜0時〜テレビ東京系で放送中の、乃木坂46の冠バラエティ番組「乃木坂工事中」。MCはバナナマンの2人が務める。

http://www.tv-aichi.co.jp/
毎週日曜深夜0時〜テレビ東京系で放送中の、乃木坂46の冠バラエティ番組「乃木坂工事中」。MCはバナナマンの2人が務める。

テレビ東京系で毎週日曜深夜0時より放送中の「乃木坂工事中」。結成時に放送開始した冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』が内容をパワーアップさせてリニューアルされた内容で、乃木坂46ファンにとっては毎週欠かせない番組となっている。

12月4日放送回では、同番組の人気企画の「乃木坂46私服コレクション」が放送された。同企画は、乃木坂46のメンバーが本気の私服をテーマに沿って披露するもの。一部のメンバーは自宅のクローゼットも披露したりと、乃木坂46のメンバーたちのプライベートが垣間見える企画となっている。

「私服コレクション」企画は2週にかけて放送され、前半の「お姉さんメンバー」と後半の「ヤングメンバー」と年齢によってチーム分けが行われた。

テーマ「個性爆発コーディネート」秋元真夏の個性が“あざとい”

生駒里奈の我が強い原宿系ファッションや、高山一実の男性陣絶賛の生足コーディネートなど、メンバーの個性がよく見て取れるコーディネートが続く中、スタジオの衝撃と爆笑を一気に誘ったのが秋元真夏の「あざといファッション」だった。

私服コレクションは、1回目の普通の私服を披露したあと、2回目は「アウトドアデートコーディネート」と「個性爆発コーディネート」の2つのテーマに半々分かれて披露され、秋元は「個性爆発コーディネート」部門に登場。あまりにも気合の入った個性派ファッションにスタジオからは悲鳴にも近い笑いの声が飛び交っていた。

 

その問題の私服がこちら…

 

「乃木坂工事中」私服コレクションに登場した秋元真夏。「個性爆発コーディネート」というテーマに則りあざといファッションを披露。

http://nogizaka46democracy.blog.jp/
「乃木坂工事中」私服コレクションに登場した秋元真夏。「個性爆発コーディネート」というテーマに則りあざといファッションを披露。

「あ、あざとい…」そう視聴者が漏らしてしまうのもうなずける。

真っ白い胸ものとの大きく開いたトップスに、ふわふわ素材のニットカーディガンを合わせ、ボトムズはチェックのミニスカート。そして気合の生足と、あらゆる男性受け要素を取り込んだモテコーディネートであることも注目だが、それよりも注目すべきが盛りに盛った胸。登場時よりメンバーからは「いれてる!いれてる!」と総ツッコミが入るほどだった。本人はあまりこの部分に触れてほしくはなかったようだが、MCのバナナマンと乃木坂メンバー皆からのツッコミが入ると、気まずそうな顔を浮かべた。

この日は服飾専門学校で講師も務める双子のオネエタレント・広海と深海が審査員としてゲスト出演していたのだが、秋元が最後にカーディガンをずらし肩を露出させた秋元に「ブキミ〜」と辛口コメント。そしてメンバーの白石麻衣も「強烈なNO」顔を見せ、真夏ファッションを拒絶していた。あざといファッションで男受けは狙えても、メンバー受け、そしてオネエ受けはいまいちだったようだ。審査員からの点数も5ポイント(満点は10ポイント)とこの日の最低点を記録。ファッションとしては認められなかったようだ。

クローゼットは几帳面に収納する秋元真夏

あざといファッションでスタジオに爆笑の渦を巻き起こした秋元真夏だったが、クローゼット披露のコーナーでは好印象だった。

秋元が見せたクローゼットはトップスが黒系・白系と色別で分けられ、さらにボトムズも右はミニ丈で左にいくに従ってロング丈のものになるように並べるなどかなり几帳面な一面を見せた。

ただ、私服の収納スペースの横には、しっかりと秋元らしくコスプレ衣装が収納されており、20着前後はありそうなコスプレ衣装コレクションにはバナナマンから笑いのツッコミが入った。

ファンからは好感触の真夏ファッション

ファン・メンバー公認のあざとさを持つ秋元。そんな秋元が今回新たに見せたあざといファッションに番組放送中、多くのファンから絶賛と笑いの声が寄せられていた。

「さすがまなったん」「真夏は裏切らないな(笑)」「直球すぎる」「これはあざとい」「真夏さんエロいわ〜」「真夏釣りにきたな」といった笑混じりのコメントがネットには多く見られ、秋元真夏は「あざとくて面白い」という新ジャンルを確立しつつあるようだった。

 

乃木坂46・秋元真夏の過激グラビアが加速?!

そんなあざといキャラで人気の秋元真夏は、乃木坂46らしからぬグラビアを披露することでも注目を集める。

水着ミュージックビデオを制作するようなAKB48グループとは異なり、清楚路線で活動する乃木坂46。2nd写真集「1時間遅れのI love you」や、一部メンバーのソロ写真集での水着は披露されているものの、あまりその数は多くない。雑誌グラビアでもあまりセクシーなショットを見せないことで知られる乃木坂46だが、秋元はグラビアでも露出度の高いショットが目立つと言われている。やはりあざといアイドルはグラビアに対する姿勢も違うということだろうか。

WEBカルチャーメディア「ナタリー」のグラビア企画にて

乃木坂46の6thシングル「ガールズルール」発売時に、WEBカルチャーメディアの「ナタリー」が福神メンバー以外の選抜メンバー8人にフォーカスを当てて行ったグラビア企画。秋元真夏はセクシーなネグリジェ姿やバスローブ姿を披露。他のメンバーよりもかなり気合の入ったショットの数々にファンの間では大きな注目を集めた。

WEBカルチャーメディア「ナタリー」のグラビア企画より。

http://natalie.mu/
WEBカルチャーメディア「ナタリー」のグラビア企画より。

 

カルチャー誌「BUBKA」2016年9月号グラビア

レベルの高いアイドルグラビア特集で知られるカルチャー誌「BUBKA」にも2016年9月号に登場。一見露出度は高くないのだが、大胆に見せられた太ももや、見えそうで見えない胸元など、男性ファンの視線を釘付けにするあざとい仕掛けが満載。「次はどんな仕掛けで来るのか?」と期待してしまうようなグラビアを作り出せるのも秋元真夏の魅力の一つなのかもしれない。

カルチャー誌「BUBKA」の2016年9月号グラビアに登場した秋元真夏。

https://twitter.com/
カルチャー誌「BUBKA」の2016年9月号グラビアに登場した秋元真夏。

カルチャー誌「BUBKA」の2016年9月号グラビアに登場した秋元真夏。

https://twitter.com/
カルチャー誌「BUBKA」の2016年9月号グラビアに登場した秋元真夏。

 

乃木坂46・秋元真夏、可愛いのに頭が大きい?

露出の多いグラビアやあざといファッションで人気を博す秋元真夏だが、一つだけアイドルとしては痛手(?)となっているコンプレックスがある。それは頭の大きさだ。乃木坂46といえばルックスの良さでも知られ、メンバーの顔を見渡してもかなりの美女揃いであることで知られる。おまけに白石麻衣や橋本奈々未、斎藤飛鳥、松村沙友理、西野七瀬といった一部のメンバーは有名雑誌の専属モデルを務めるほどだ。もちろん、秋元真夏も顔を見れば美人なのだが、周りのメンバーと比べると顔ないし顔が大きいことが際立ってしまうのだ。

乃木坂46メンバー。メンバー同士で並ぶと頭の大きさが際立つ秋元真夏。

https://twitter.com/
乃木坂46メンバー。メンバー同士で並ぶと頭の大きさが際立つ秋元真夏。

以前、秋元真夏の23歳の誕生日を記念して行われたニコ生で秋元の頭のサイズを測る企画があったのだが、その際には「60cm」もあることが発覚。60cmというと、男性でもかなり大きな方の部類に入るサイズで、乃木坂46メンバーの平均的なサイズは50cm前後であることからも頭の大きさは測り知れる。

頭が大きくても人気の秋元真夏

秋元真夏と白石麻衣。秋元はあざといキャラでもメンバーからも愛される愛らしさがある。

http://extrending.com/
秋元真夏と白石麻衣。秋元はあざといキャラでもメンバーからも愛される愛らしさがある。

そんな頭の大きさが定着してしまった秋元真夏だが、そんなことは彼女に人気に影を落としたりはしていない。むしろ、人気アイドルにもかかわらず完璧でないところが親近感を感じさせているのだとか。満面の笑顔とあざといファッションで挑むファンとの握手会では、「乃木坂一の釣り師(後述)」とも称されるほどだ。アイドルとしてはデメリットかもしれないが、それさえも持ち前の明るさでメリットに変えてしまう秋元真夏であった。

乃木坂46・秋元真夏の異名は「握手会の釣り師」

乃木坂46の公式サイトより。握手会の流れを説明する秋元真夏と生田絵梨花。

http://www.nogizaka46.com/
乃木坂46の公式サイトより。握手会の流れを説明する秋元真夏と生田絵梨花。

秋元真夏は持ち前の「あざとさ」で人気を博すが、それがよく感じ取れるのは握手会のときだ。ほかの乃木坂メンバーが認めるほどの「釣り師」である。

釣り師とは、握手会に来た人間を様々な自分の表情や行動で自分のファンにしてしまうアイドルのこと。元NMB48の渡辺美優紀やSKE48の須田亜香里などで知られる。握手会でファンに許されるアイドルと触れ合うことのできる時間はほんの数十秒。その短時間で自分の虜にしてしまうのだから、やはり釣り師と呼ばれるアイドルたちは大きな魅力を持っていると言える。

「真夏に行っておけば間違いない」神対応の秋元真夏

「手を両手で握る」「上目遣い」「去り際のウィンク」と、握手会に実際にいったファンたちからは秋元のこんな行動が報告されているようだ。ファンとアイドルという関係で握手会を行うのではなく、まるで恋人同士のような空間を演出してくれるのだという。そんな秋元の“握手”を体験したファンからは続々と「釣られた」「つられるってこういうことか…」といった釣られエピソードが飛び出している様子。軽々しく秋元の秋元真夏に握手を求めにいくとたちまち釣られてしまうようだ。握手にいく際は、それ相応の覚悟が必要かもしれない。

※乃木坂46 13thシングル「今、話したい誰かがいる」の特典映像の個人PV

毎週日曜深夜0時〜テレビ東京系で放送中の、乃木坂46の冠バラエティ番組「乃木坂工事中」。MCはバナナマンの2人が務める。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。