【STU48】2017年夏に発足するSTU48が気になる!移籍&兼任メンバーはNMB48の川上礼奈や沖田彩華の噂

 - Entertainment, アイドル , , , , , , , , ,

スクリーンショット 2016-12-07 1.05.45

2017年発足の新グループ・STU48 対象地域は?

10月10日に兵庫で開催されたAKB48グループ恒例イベント『じゃんけん大会2016』のイベント内で突如アナウンスされた新グループ・STU48の発足。STUとは瀬戸内(SeToUchi)の頭文字をとったもので、これまでの秋葉原や栄といった都市を拠点としてきたグループとは異なり、瀬戸内海に面する山口・広島・岡山・兵庫・徳島・香川・愛媛の7県を舞台に、瀬戸内海上を進む船に劇場が設けられ、この船上劇場が拠点となるという。

発足時期は2017年夏を予定しており、現在はオーディションの予定すら出ていない状況。しかし、すでにオフィシャルサイトも公開されており、今後オーディションの募集要項や日程といったニュースがこのサイト上に続々とアップされていくと思われる。

AKB48じゃんけん大会2016で公開された特報映像

じゃんけん大会では、下記の特報映像によってSTU48の発足が発表された。那覇や仙台、札幌といった有力地方都市がまだ残されている中、今回の瀬戸内を拠点としたグループが発足されることとなり、ファン・メンバーともに驚きの声をあげた。

 

移籍&兼任メンバーは誰?瀬戸内7県出身メンバーたち

さて、近年結成されたグループの傾向を見ると、発足と同時にすでに活動中の姉妹グループからメンバーの移籍や兼任が行われ、初期の活動をそうしたメンバーらが中心となって支えるパターンが多い。したがってSTU48の場合も姉妹グループからの移籍や兼任が発表される可能性が高いのだ。来年夏の発足を考えると、年明けにも募集がかけられ、春先にオーディションが開催されると見られ、その時期にそういった兼任や移籍が発表されるかもしれない。まさに姉妹グループのファンたちが気になる人事移動が待ち構えているのだ。

過去の傾向を見るに、当該地方出身地メンバーが必ずしも移籍や兼任をするわけではないかもしれないが、それでもその地域のメンバーが担当する可能性は低くはない。今回はSTU48の舞台地域である瀬戸内7県の山口・広島・岡山・兵庫・徳島・香川・愛媛出身のメンバーをリストアップしてみたい。

AKB48の瀬戸内7県出身メンバー

AKB48は関東地方出身のメンバーが中心となっており、A、 K、B、4の4つのチームには瀬戸内7県出身者はいなかった。

一方チーム8には兵庫出身の山田菜々美や岡山出身の人見古都音といったメンバーがいるものの、チーム8自体の発足の背景がトヨタ自動車のサポートのもと「会いに行くアイドル」というコンセプトで地域密着の活動を各都道府県代表のメンバーがするというところにある。そのため、STU48発足のために独自のコンセプトのもと活動しているチーム8からメンバーが移動してしまうとは考えにくく、よってAKB48から出身地を理由にメンバーが移動するということにはならないのではないかと思われる。

SKE48の瀬戸内7県出身メンバー

さて、メンバーのほとんどがSKE48が拠点を置く愛知県内出身であるSKE48だが、瀬戸内7県出身のメンバーはいるのだろうか。

正規メンバーの中では1人、チームE所属の髙畑結希が香川県出身で当てはまるようだ。

SKE48 チームEに所属する高畑結希。

http://www.ske48.co.jp/
SKE48 チームEに所属する高畑結希。

ほかにも研究生に徳島出身の岡田美紅、広島出身の森平莉子がいるが、研究生からの移籍はあまり考えられないだろう。

NMB48の瀬戸内7県出身メンバー

近畿地方出身者が多いNMB48。STU48の活動地域にも兵庫県が含まれており、NMB48には該当者が多そうだ。

兵庫出身のメンバーは現体制(年明けより新体制となるが、便宜上現行のまま紹介)で、チームNの石田優美、城恵理子、チームMの東由樹、木下百花、森田彩花、チームBⅡの大段舞依、研究生の山本彩加がいる。

ほかに、広島県出身にチームMの沖田彩華、香川県出身に同じくチームMの川上礼奈が名を連ねる。

中でも特筆すべきは、自らSTU48への移籍を希望しているメンバーだ。まずはじめに名乗りを上げたのは、チームMに所属し2017年の新体制からは同チームでキャプテンに内定している川上礼奈。川上は香川県出身であり、「うどんちゃん」というニックネームで親しまれるなど香川県出身のキャラクターを前面に押し出し、地元のファンを中心に人気を博している。地元に愛着があるだけに、STU48発足の発表があった直後には以下のようなツイートを投稿している。

そして、川上のこのツイートに対して賛同の声を上げたのが同じくチームMの沖田彩華だ。

沖田も瀬戸内7県に含まれる広島県の出身で、将来の夢は広島観光大使と公言するなど地元に対する愛着は大きいと言える。

NMB48は兵庫県出身者が多いだけに、その兵庫県が対象に含まれるSTU48に興味を持つメンバーが多く見られた。

HKT48の瀬戸内7県出身メンバー

福岡を拠点とするHKT48のメンバーの多くは九州の出身。中でも地元福岡出身者の数が圧倒的に多い。そんな中でも数少ない瀬戸内7県の出身者はいる。

HKT48チームKIVに所属する村重杏奈。山口県出身。

http://www.hkt48.jp/
HKT48チームKIVに所属する村重杏奈。山口県出身。

それがチームKIVに所属する村重杏奈だ。ロシア人の母を持つハーフという印象が強い村重は、かつてNMB48との兼任を務めていたメンバーでもある。兼任の大変さを味わっているだけに、今後STU48との兼任希望を出すのかどうかが注目される。

さらに、チームTⅡに所属する荒巻美咲は、福岡県出身ながらコミュニケーションチャットアプリの「755」トーク内で兼任希望の声をあげていた。

NGT48の瀬戸内7県出身メンバー

2016年1月に発足したばかりのNGT48。AKB48から北原里英、柏木由紀といった人気メンバーが移籍しているものの、現在はまだ下積み時代といったところ。まだ全国的な知名度を獲得したかと問われれば怪しい部分がある。

NGT48にも兵庫県出身にチームNIIIの太野彩香がいるものの、まだ実績を積んでないNGT48から新グループへの移籍者が出ることはまずないだろう。

 

STU48まとめ

船上劇場という斬新なアイディアのもとに生まれたSTU48構想。那覇や札幌といった有力都市を差し置いて次期発足グループに選ばれた理由は一体なんなのだろうか。

兼任希望メンバーが続出するなど、AKB48グループ内外から動向が探られるSTU48。まもなく行われるだろうSTU48のオーディションからも目を離せそうにない。

スクリーンショット 2016-12-07 1.05.45

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。