【STU48】2017年夏に新グループ・STU48(瀬戸内48)が誕生!これまでのAKB48グループ・坂道シリーズの歴史を振り返ろう

 - Entertainment, アイドル , , , , , , , , , , , ,

STU48発足発表記念にAKB48グループと坂道シリーズの歴史を振り返る

2017年発足の新グループ・STU48

10月10日に兵庫で開催されたAKB48グループ恒例イベント『じゃんけん大会2016』のイベント内で突如アナウンスされた新グループ・STU48の発足。STUとは瀬戸内(SeToUchi)の頭文字をとったもので、これまでの秋葉原や栄といった都市を拠点としてきたグループとは異なり、瀬戸内海に面する山口・広島・岡山・兵庫・徳島・香川・愛媛の7県を舞台に、瀬戸内海上を進む船に劇場が設けられ、この船上劇場が拠点となるという。

発足時期は2017年夏を予定しており、現在はオーディションの予定すら出ていない状況。しかし、すでにオフィシャルサイトも公開されており、今後オーディションの募集要項や日程といったニュースがこのサイト上に続々とアップされていくと思われる。

 

AKB48G(グループ)の歴史をおさらい

本家であるAKB48を中心に拡大してきたAKB48グループ。これまでに国内外7拠点8グループが発足(うち1グループは独立表明、1グループは活動終了)、3つの海外グループが発足に向けた準備段階に入っている。また、公式ライバルグループとして「坂道シリーズ」の乃木坂46と欅坂46が現在活動中だ。

秋元康氏の総合プロデュースのもと、巨大なグループとなったAKB48グループと坂道シリーズ。平成の第2次アイドルブームを支えたのは間違いなく彼女たちだが、新たにSTU48が結成されるにあたり、これまでの歴史を振り返ってみたい。

【AKB48】2005年12月発足 東京・秋葉原

AKB48がインディーズ時代に発売した1stシングル「桜の花びらたち」。

http://item.rakuten.co.jp/
AKB48がインディーズ時代に発売した1stシングル「桜の花びらたち」。

2005年12月に東京・秋葉原(AKiBa)のAKB48劇場を拠点に活動を開始した。当初、これまでの「手のとどかない存在」としてのアイドル像を打ち破るような「会いに行けるアイドル」というコンセプトが非常に珍しいことからも注目を集めるも、劇場公演初日の関係者ではない純粋な観客は10人を下回るなど厳しいスタートを切った。その後もメンバー自らチラシを配ったり、チケットを無料配布するような厳しい下積み時代が続いた。発足から3ヶ月たった翌年2月、インディーズにて「桜の花びらたち」を発売、CDデビューを遂げる。その後も劇場を中心に精力的な活動を続け、同年10月には「会いたかった」でメジャーデビューを遂げた。

のちにCDに同封される握手券による握手会や、選挙で選抜メンバーを決めるシステムなど、アイドルグループに過激な競争システムを取り入れメディアの話題をかっさらうこととなる。いろいろな面でこれまでのアイドルの概念を打ち破り、日本の女性アイドル史を語る上でなくてはならない存在となった。

1期から活動するメンバーは現在では小嶋陽菜と峯岸みなみを残すのみとなり、ほかはSDN48へ移籍したメンバーを含め、女優やタレントに転身した者、芸能界を引退した者と様々である。一方で直近では2016年8月に第16期生オーディションが行われており、1つのグループ内で幅広い年代のメンバーが活動するグループともなっている。

【SKE48】2008年10月発足 愛知・栄

SKE48 1stシングル「強き者よ」

http://item.rakuten.co.jp/
SKE48 1stシングル「強き者よ」

AKB48が国民的アイドルグループとして認知されブレイクし始めた頃に、48グループ第2弾として発足したSKE48。愛知県の名古屋市栄(SaKaE)地区にあるSKE48劇場を拠点に活動するグループ。2008年10月に発足した。当時AKB48研究生だった中西優香がSKE48への移籍を果たすも、AKB48中心メンバーからの移籍や兼任は行われなかった。

「会いに行けるアイドル」といったコンセプトや基本的な活動方針はAKB48のものに則る。センターは多くは松井珠理奈が務め、松井もSKE48活動初期からAKB48の楽曲に参加するなど、グループの知名度アップに貢献した。

【SDN48】2009年8月発足 東京・秋葉原 ※2012年活動終了

SDN48 1stシングル「GAGAGA」

http://books.rakuten.co.jp/rb/6736043/
SDN48 1stシングル「GAGAGA」

SDN48は、AKB48から派生した、東京・秋葉原のAKB48劇場を拠点とする第2のグループ。2009年にAKB48の20歳以上のメンバーが集められ、AKB48劇場の土曜日夜( SaturDay Night)を中心に公演を行った。大人メンバーのグループのためAKB48グループで唯一恋愛が認められており、メンバーの中には既婚者までいた。

基本的な立ち位置としてはAKB48のサポートに回る仕事をこなすことが多かったが、芹那やの野呂佳代のように個人で認知されていくメンバーもいた。2012年3月31日にNHKホールで開催されたコンサートを持って、メンバー全員がグループより“卒業”することが発表され、SDNは事実上の活動終了を迎えた。

【NMB48】2011年1月発足 大阪・難波

NMB48のデビューシングル「絶滅黒髪少女」

http://item.rakuten.co.jp/
NMB48のデビューシングル「絶滅黒髪少女」

大阪府難波にあるNMB48劇場を拠点に活動するNMB(NaMBa)48。大阪を中心に、京都や兵庫といった近畿地方出身のメンバーを中心に結成された。AKB48やSKE48とは異なり、全員が研究生所属から活動を開始している。

AKSが運営母体となるAKB48とSKE48とは異なり、NMB48は京楽産業.と吉本興業の合弁会社である「KYORAKU吉本.ホールディングス」が運営する。吉本興業系列に所属するアイドルということもあり、アイドルらしからぬコントや漫才も披露する。

初期より山本彩と渡辺美優紀の2人がAKB48の楽曲に選抜入りするなど、NMB48の知名度アップに貢献。山本はデビューしたその年に早くも選抜総選挙でアンダーガールズ入りするなど快挙を見せた。

【海外/JKT48】2012年2月発足 インドネシア・ジャカルタ

AKB48の楽曲「RIVER」をJKT48がインドネシア語でカバー。1stシングルとして発売。

https://48pedia.org/
AKB48の楽曲「RIVER」をJKT48がインドネシア語でカバー。1stシングルとして発売。

AKB48グループ初の海外進出となったJKT48の結成。インドネシアのジャカルタ(JaKarTa)を拠点とする。2011年9月にオーディションが実施され、同年11月にメンバーがお披露目された。基本的な活動方針はAKB48を踏襲するも、インネシア独自の文化も反映するようなかたちで活動をしている。

2012年より本格的にメディア露出をするようになると、同年8月にAKB48の中でも人気のあった仲川遥香や高城亜樹がJKT48への移籍をすることが発表され、ファンやメディアを驚かせた。

多くがAKB48の楽曲をインドネシア後に翻訳したものとなる。

【海外/SNH48】2013年1月発足 中国・上海 ※現在独立表明

SNH48の最新公演演目「专属派对」の様子。

http://www.snh48.com/
SNH48の最新公演演目「专属派对」の様子。

海外進出の第2弾として、中国・上海(ShaNgHai)を拠点に発足したSNH48。上海だけでなく北京や広州、成都といった地方都市でもオーディションが行われるなど、全土から大々的にメンバーを募集している。発足に際しAKB48から宮澤佐江と鈴木まりやの移籍が発表されるが、発足公演には就労ビザが間に合わず、しばらくの期間劇場公演への出演が許されなかった。

SNH48は2016年4月に北京(BEiJing)を拠点とするBEJ48、広州(GuaNgZhou)を拠点とするGNZ48の結成を発表するも、AKB48グループ運営母体であるAKSに無断での結成だったことが発覚、AKSより契約違反である旨の通告がなされ、SNH48側はそれを機に完全独立の意向を表明している。それに伴い、AKB48のオフィシャルサイトから同グループオフィシャルサイトへのリンクが外された。なお、日本人メンバーはいずれもSNH48での活動を終了させている。独自の姉妹グループは続々と発足しており、またあらたに瀋陽(SHenYang)を拠点としたSHY48の結成も発表されている。

【HKT48】2011年11月発足 福岡・博多

HKT48 1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」

http://books.rakuten.co.jp/
HKT48 1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」

AKB48の全国展開の第3弾として発足したHKT48。九州福岡県の博多(HaKaTa)市のHKT48劇場を拠点とし、2011年11月に発足した。メンバーの多くは博多市出身である。基本コンセプトはAKB48のものを踏襲する。

2012年の選抜総選挙では宮脇咲良が早くもネクストガールズ入りを果たすなど快挙を見せた。また、当時AKB48だった指原莉乃がスキャンダルによる移籍先がHKT48だったことでも注目を集めた。

【NGT48】2016年1月発足 新潟

新潟を拠点に活動するNGT48。北原里英をキャプテンに迎え、CDデビューに向けてグループ一丸となって活動中。

https://twitter.com/
新潟を拠点に活動するNGT48。北原里英をキャプテンに迎え、CDデビューに向けてグループ一丸となって活動中。

AKB48の全国展開の第4弾として2016年1月に発足したNGT48。現在活動中の48グループでもっとも新しいグループとなる。新潟(NiiGaTa)県新潟市のNGT48劇場を拠点としており、メンバーも多くが県内出身である。メンバー募集前より、 AKB48の人気メンバー・北原里英がキャプテンとして移籍し、また同じく人気メンバーである柏木由紀がAKB48との兼任することも発表されるなど、初期より安定感のあるメンバー構成になっていた。

2016年6月にCDデビューをすることが発表され、北原・柏木含めるメンバーらが感涙する様子が見られるも、その後動きはなくデビューは来年以降に持ち越される見込み。

現在構想中のグループ・MNL48、TPE48、BNK48

2016年3月26日に横浜スタジアムで行われたAKB48の単独コンサートにおいて、AKB48結成10周年を迎えるにあたって海外にあらたに姉妹グループを結成させる旨が発表される。

フィリピン・マニラ(MaNiLa)を拠点とするMNL48、台湾・台北(TaiPEi)市を拠点とするTPE48、タイ・バンコク(BaNgKok)を拠点するBNK48と、同時に3グループの構想があることが明かされた。

MNL48は、1期生のオーディションがファン投票による「総選挙」の形で行われることが明かされており、任期は全員1年間に限られ毎年64人のメンバーが選出されるという。オーディションはこれから行われる。

TPE48は、構想自体は2011年頃と早期からあったにも関わらずその後動きがなく、MNL48結成と合わせてあらたに本格的な結成に向けての動きが再開した。メンバーの選出はこれから行われる。

BNK48については、MNLやTPEといった同時期に結成が発表されていたグループよりも早くにオーディションが開催され二次審査までが行われていたものの、最終審査目前にラーマ9世が崩御し、国全体が喪に服すのに伴い最終オーディションも無期延期が発表された。

公式ライバルの「坂道シリーズ」乃木坂46、欅坂46

乃木坂46は、デビュー前より冠番組「乃木坂って、どこ?」が放送され、現在は「乃木坂工事中」としてリニューアル放送中だ。

http://www.nogizaka46.com/
乃木坂46は、デビュー前より冠番組「乃木坂って、どこ?」が放送され、現在は「乃木坂工事中」としてリニューアル放送中だ。

AKB48グループを語る上で忘れてはならないのが、公式ライバルとして結成された坂道シリーズ。2011年に乃木坂46が結成され、恋愛禁止のルールや握手会の実施といった基本コンセプトはAKB48と同じくしながらも、AKB48Gとは違い水着姿をあまり見せないという清楚路線での活動を推し進め、また専用劇場は持たない、総選挙やジャンケン大会には参加しないなど活動方針が若干異なる。

結成間もない頃に交換留学生として、乃木坂46のセンターを務めていた生駒里奈がAKB48を、SKE48の松井怜奈が乃木坂46を兼任した。その際生駒はAKB48のメンバーとして総選挙にも出場し、14位という好成績を収めた。現在は兼任は解除されている。

欅坂46デビュー前より放送されている冠番組「欅って、書けない?」。ほかにもドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」で主演を務めるなど、怒涛のデビューイヤーを飾った。

http://www.tv-tokyo.co.jp/
欅坂46デビュー前より放送されている冠番組「欅って、書けない?」。ほかにもドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」で主演を務めるなど、怒涛のデビューイヤーを飾った。

乃木坂46の人気が大きくなった2015年、あらたに乃木坂46の姉妹グループとして鳥居坂46の結成が発表される。同年オーディション終了後に欅坂46に改名され、翌2016年にはCDデビューを果たした。AKB48の姉妹グループが地方を中心に活動するのに対し、乃木坂46と欅坂46はともに全国区での活動をしており、同時期に発足したNGT48と欅坂46では、やや後者の方が知名度は勝っている。

AKB48グループまとめ

船上劇場という斬新なアイディアのもとに生まれたSTU48構想。那覇や札幌といった有力都市を差し置いて次期発足グループに選ばれた理由は一体なんなのだろうか。

兼任希望メンバーが続出するなど、AKB48グループ内外から動向が探られるSTU48。まもなく行われるだろうSTU48のオーディションからも目を離せそうにない。

STU48発足発表記念にAKB48グループと坂道シリーズの歴史を振り返る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。