島崎遥香、“ぱるる選抜”メンバーと共に卒業公演を完走 松井珠理奈・永尾まりやらも駆けつけ、笑顔でハッピーエンド

 - AKB48グループ, Entertainment, アイドル , , , ,

12月26日に、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行った島崎遥香とぱるる選抜のメンバーたち

12月26日、島崎遥香の卒業公演が行われた

年内に卒業することを表明していたAKB48のメンバー・島崎遥香が26日、東京・秋葉原のAKB48劇場にて卒業公演を行った。

この日、劇場の舞台に立ったのは島崎遥香と同期の9期生7人を含む20人のメンバー。島崎遥香自身が選出した“ぱるる選抜”として島崎最後の舞台を彩り、大好評のうちに幕を閉じた。この日は、今年3月にすでにAKB48を卒業していた永尾まりやや、SKE48の松井珠理奈も劇場に駆けつけていた。

同期7人含む“ぱるる選抜”で登場

20人の“ぱるる選抜”メンバーと共にスペシャルセットリスト

島崎遥香の卒業公演に出演したのは、AKB48の9期生として加入した島崎遥香と同期の横山由依、島田晴香、中村麻里子、竹内美宥、そしてSKE48へ移籍した大場美奈、山内鈴蘭の7人を含む、総勢20人の“ぱるる選抜”メンバーだ。島崎なりに特に思い出深いメンバーたちが選出されたようだ。

総勢20人で上演されたセットリストも島崎遥香自身が組んだもの。島崎がセンターを務めた「永遠プレッシャー」「さよならクロール」「僕たちは戦わない」「ハイテンション」の4曲をフルコーラスで立て続けにパフォーマンスし公演をスタートさせるなど、ぱるるらしさに溢れた演目となったようだ。

2012年のじゃんけん大会で初めてセンターを勝ち取った「永遠プレッシャー」

最後のセンター楽曲となった「ハイテンション」

《出演メンバー》

島崎遥香、横山由依、島田晴香、中村麻里子、竹内美宥、大場美奈(SKE48)、山内鈴蘭(SKE48)、入山杏奈、小嶋菜月、谷口めぐ、樋渡結依、阿部マリア、田野優花、加藤玲奈、福岡聖菜、向井地美音、込山榛香、大島涼花、村山彩希、川本紗矢、高橋朱里 計20人

8人の同期同士のラスト共演に感動

アンコールでは3月に卒業した永尾まりやが加わり、その日出演した横山由依、島田晴香、中村麻里子、竹内美宥、大場美奈、山内鈴蘭、そして島崎遥香の8人の9期生によって「RIVER」「走れペンギン」「Better」「君は気まぐれ」の4曲が披露された。「Better」は、島崎遥香卒業曲として46thシングル「ハイテンション」に収録された楽曲で、卒業生である永尾まりやが参加したことでも話題となっていた。

最後は共にアイドル人生を駆け抜けて来た同期8人で締めくくるなど、島崎遥香の同期思いな一面を強く感じ取れる内容となった。

公演後、永尾まりやの公式Instagramでは、9期生による島崎遥香に宛てたビデオメッセージが投稿され、ファンの感動を誘っていた。

Dear...💓Haruka Shimazaki . . . From...bestfriends #ぱるる卒業公演 #akb48 #9期生 #bestfriends

A video posted by 永尾まりや/nagao mariya (@mariyagi_san) on

 

SKE48松井珠理奈、元AKB48永尾まりやらも駆けつける

卒業公演では、サプライズゲストとしてSKE48の松井珠理奈が花束を持って駆けつける一幕も見られた。以前2人が食事をした際、島崎が冗談めかしく「サプライズで来てよ〜」と珠理奈に卒業公演出演を打診していたといい、何気ない約束が珠理奈の粋な計らいで実現されることとなった。

公演後、珠理奈は自身の公式Twitterで島崎遥香卒業に対する胸中を語った。

 

じゃんけん大会で注目、“塩対応”で大ブレークした島崎遥香

「AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会」でセンターポジションを勝ち取った島崎遥香(引用:natalie)

http://natalie.mu/
「AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会」でセンターポジションを勝ち取った島崎遥香(引用:natalie)

2009年に「AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション」に合格したことで研究生としてAKB48に加入した島崎遥香。翌年6月の総選挙では研究生では最高位の28位を獲得、その後12月には同期と共に正規メンバーへ昇格した。2012年には26thシングル「真夏のSounds good !」で初選抜入りを果たすなど、順調にアイドルキャリアを築いてきた島崎だが、彼女が一躍脚光を浴びるきっかけとなったのは、2012年の武道館で行われた「AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会」の優勝だ。この優勝により、「永遠のプレッシャー」のセンターポジションを勝ち取り、大きな注目を集めることとなった。このころから、グループの“次期エース”と呼ばれ始めた島崎だが、大島優子や篠田麻里子、板野友美といった先輩メンバーらが卒業していく中で自然と真のエースとして、グループを引っ張っていく存在になっていった。

AKB48の中で存在感を大きくしていった島崎遥香だが、彼女が世間で認知されるようになったきっかけは「塩対応」というワードだ。これは握手会でファンに対してそっけない態度をとってしまうことを言うのだが、このワードがたちまち流行するようになり、2014年には流行語大賞候補ノミネートを果たすほどになってしまった。そんな過去を振り返り、卒業公演後の囲み取材では、「塩対応」という言葉とセットで自分が世間に認知されていくことに苦悩することもあったというが、このまま自分らしくいきたいと話していた。

島崎遥香、卒業後の活動は?

卒業公演を終えた島崎遥香だが、AKB48卒業後の活動についても注目が集まる。

やはり、期待度が高いのが前田敦子のような女優への転身だ。2016年は特にドラマ出演が目立ち、春ドラマ『ゆとりですがなにか?』では主人公のマイペースな女子大生の妹役を演じ、秋ドラマでは『警視庁 ナシゴレン課』で主人公の個性的な女性刑事を見事演じきった。1月スタートの冬ドラマ『スーパーサラリーマン 左江内氏』で今度は、主人公の高校生の娘役を演じる予定となっており、女子高生から刑事まで幅広い役柄に取り組んでいる。着実に女優としても注目を集め始めた島崎、卒業後は一段と女優業に集中できる環境になることもあり、出演作品数も増加するのではないかと予想される。

一方で、個性的でファンシーな愛用ファッションの数々は10代女子から絶大な支持を誇り、原宿系ファッショニスタとしての一面を持つ島崎は、今後モデルとしての活動も期待されているようだ。さらに、アイドルぱるるの熱心な支持者たちは、「歌は歌い続けて欲しい」という意見も持っており、同じぱるるファンといえど、希望する進路には複数の選択肢があるようだ。


Discussion

〜SNSでシェアしてアイドルを応援しよう!〜

12月26日に、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行った島崎遥香とぱるる選抜のメンバーたち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。