乃木坂46伊藤万理華が、天井や壁を駆け回る“重力猫”に翻弄される!衝撃のラストで撮影後に思わず涙

 - Entertainment, アイドル, アニメ・ゲーム, 坂道シリーズ ,

伊藤万理華が重力ゲームのPR動画に登場 天井や壁を駆け回る

Source: https://www.jp.playstation.com/blog/detail/4360/20170112-gd2.html

乃木坂46伊藤万理華が、“重力猫”と追いかけっこ

12日、1月19日発売となるPlayStation(R)4専用ソフト『GRAVITY DAZE 2 / 重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』(ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア)のWEBプロモーション動画「GRAVITY CAT/重力的眩暈子猫編」が公開された。動画は重力アクションアドベンチャーゲームである同作の世界観を実写で再現したもので、乃木坂46のメンバー・伊藤万理華が起用されており、キュートな子猫との共演に話題を呼んでいる。

「GRAVITY CAT/重力的眩暈子猫編」ストーリー

動画は高田静流演じる女子大生の一人称視点で展開されていく。女子大生が重力に関する卒業論文を自分の部屋で執筆しているが、飼い猫が邪魔してきたりと思うように手が進まない。そんなところに、彼女の妹役である伊藤がやってくる。2人が会話に夢中になっているすきに妹が買ってきた牛乳を子猫がひっくり返してしまい、2人は大慌て。子猫のいたずらの後始末をしていると、なんと子猫は壁を歩き始めたのだ。そんな子猫を追いかけているうちに2人の身にも重力変化は降りかかってきて…?

 

衝撃のラストにハラハラが止まらない

「重力猫」として登場する子猫に触れたことで、自分にかかる重力も変化してしまう身となった伊藤万理華。天井を歩いたかと思えば今度は壁方向から重力がかかり、ひっくり返っていく部屋で慌てる伊藤の姿は、少しコミカルだが見る者をハラハラさせる。

最終的に窓から飛び出して空に落ちてしまうという衝撃のラストを飾るが、実はこのシーンは20回以上のリテイクを重ねた末に撮影されたもの。猫を抱えた状態での演技が非常に難しかったと伊藤本人もコメントしており、撮影後には思わず涙してしまったことを告白した。

そんな伊藤が苦労した末に完成したラストシーンは、挿入歌として起用されたガールズバンド・DIALUCKのハルの歌声と相まって、美しい世界観を感じ取ることができる。

「GRAVITY DAZE 2」公式サイト:http://www.jp.playstation.com/scej/title/gravitydaze/2/

 

伊藤万理華が重力ゲームのPR動画に登場 天井や壁を駆け回る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。