人気ファッションモデル・梨花…絶やさない笑顔の裏側に隠された衝撃の半生とは

 - Fashion, ファッショニスタ, モデル , ,

ルコック スポルティフ、2014年のブランドキャラクターとして梨花を起用

Source: http://urx2.nu/u8jn

18歳の時に表参道を歩いていて、男性ファッション雑誌の街頭スナップに初めて掲載され、スカウトされデビューを果たしたモデルの梨花さん。彼女の過去から現在に至る歴史と、今も変わらず美しいスタイルとファッションについて紹介していきます。

◼︎ オシャレ女子永遠の憧れ!梨花さんの人物像とは

 


父方の祖母がフランス人で、フランス人のクォーターとして活動しているモデルの梨花さん。18歳の時に表参道でスカウトされ、事務所入りしてデビューを果たしました。当初は歌手としてデビューし、同じ事務所にはZARDの坂井泉水さんが所属していました。これは事務所の社長から「第二のZARDにならないか?」と言われたのがきっかけです。

その後、モデル活動を始めたために、歌手活動は休止状態でしたが2006年7月に「Rinka」名義で「XXX(Million Kissses」というシングルを発表し、歌手活動を再開しました。自身のブログでは、過去に「non-no」モデルのオーディションに落ちたことがあると告白しています。1993年、女性ファッション雑誌「JJ」に登場しデビュー。その後「CanCam」に移籍しますが、その際に「CanCam」と「JJ」の表紙を同時に飾りました。

2000年頃から「sweet」で起用されるようになり、2005年の3月号では初表紙を飾りました。この事から、モデルが表紙を飾ることは容易ではないということが分かります。そして2015年、ハワイ州観光局よりスタイル親善大使に任命されました。スタイル親善大使とは、「ファッションを含めライフスタイル全般において、インフルエンサーとしてハワイの魅力を発信していくこと」を任務としています。ハワイ州観光局は部門ごとに親善大使を設け、2013年にはビューティー親善大使としてモデルの道端アンジェリカさんを、ロマンス親善大使にはモデルの吉川ひなのさんを任命しました。ハワイ州観光局長のエリック高畑氏は「梨花さんのライフスタイルは多くの皆様にとって憧れであり、梨花さんが紹介するハワイだからこそ、ハワイ旅行したいというきっかけや皆様の旅行の参考となることを期待しております。」とコメントしています。

ハワイ州観光局によるイベントでは、デコルテラインから胸元が綺麗に見えるシフォンのマキシ丈ワンピースを颯爽と着こなし、42歳とは思えないスタイルで会場を魅了させました。これらのことから、モデル・梨花さんはいつまでも女性の憧れの存在といえるでしょう。

◼︎ 42歳現役モデル・梨花が圧倒的に支持を得る理由とは?

今年42歳になる1児の母でもあり、モデルの梨花さん。「CanCam」「JJ」などの赤文字雑誌モデルとして人気を博し、バラエティなどにも引っ張りだこでした。しかしそんな彼女も芸能界から遠ざかった時期がありました。精神的にもボロボロだったという全盛期と、約8年交際した彼との結婚、そして流産。彼女の壮絶なモデル人生に迫ります。

近年、テレビ界に戻ってきた梨花さん。「アナザースカイ」では、夏に息子さんと2人きりでハワイで生活することを決断したことについて語りました。梨花さんの人生を変えたといっても過言ではないハワイで、息子も何か感じ取ってくれれば。自身の人間力も高め、それが自信に繋がっていけばいいなと語っています。18歳でデビューし、25歳で「CanCam」「JJ」を卒業した梨花さん。

その当時モデルは20歳で終わりという概念があった彼女は、コンサバファッション雑誌への転換に若干の違和感を持ち、結果的に居場所がなくなったと感じてしまったのかも。と語っています。そんなこれからの方向性に悩んでいたときに、彼女はある男性に一目惚れします。当時梨花さんは26歳、お相手は20歳という年の差でしたが、2人は交際をスタートさせました。

その時に出会った男性こそが梨花さんの現在の旦那さんでした。そのあと梨花さんは数多くのバラエティ番組に出演するようになり、彼女の天真爛漫な性格と等身大の発言により、汚れキャラとして大ブレイクしました。その一方で多忙な毎日を送る彼女は、気持ちの余裕が亡くなり、彼に強くあたってしまうようになり、2人は破局することになりました。「モデル業とテレビ業を同時にやるとキャパオーバーになっちゃって、いろんなものを失った」と後に語っている梨花さん。そういった理由からテレビ業を中断、モデル業1本に絞り再始動を決意します。たちまち彼女が「sweet」の表紙を飾ると、売上は飛躍的に伸びました。そしてモデル業に専念したことで心に余裕ができた彼女は、2009年に元恋人と復縁し、結婚に至ります。

幸せ絶頂に思われた彼女でしたが、順風満帆な結婚生活とは言い難いものでした。彼女は数回の流産を経験し、精神的にも追い込まれていきました。2011年、待望の第一子が誕生しました。出産はとても難産で、彼女は一時、死を彷徨いました。その1年後、彼女が手掛けるライフスタイルショップをオープン。2日で4500人を動員し、成功を収めました。自分に正直に駆け抜けてきた人生だからこそ、今があり、そしてそれが世の女性たちの人気を集める理由と言えるでしょう。

 

◼︎ 離婚?!旦那を残してハワイへ移住

2015年10月、梨花さんは秋からハワイに2年間移住する決意をしました。現地には息子さんだけを連れて行くようで、建築関係で働くという夫とは別居関係になるということです。ファンの間では「なぜ一緒に暮らさないの?」と疑問の声が上がっています。

米国事情に詳しい人からは「ビザはどうするのか?」といった声も上がっており、実際、日本人が米国に三ヶ月以上滞在するには、米国政府が発行するビザが必要となります。ビザの発給条件は厳しく、漠然とした憧れで米国暮らしをしたいといった理由では発給されません。しかし梨花さんは、日本では広く知られた芸能人なので、芸能ビザなら取得できる可能性もありますが、芸能ビザも最長1年までしか滞在できないことから、2年間は条件に合わないことになります。

しかし、梨花さんの副業であるライフスタイルショップが鍵となっていることが明かされました。彼女はセレクトショップのディレクターを務めていて、そのバックは大手アパレル会社でアメリカとも取引があるため、業務用ビザを発行する手段があるということです。こちらのビザであれば、3年間は滞在でき、息子のための家族ビザも取得できます。

一方で梨花さんの夫は、現在の仕事を辞めて主夫にならない限りビザがでないので、必然的に日米別居になるということです。ちなみに、梨花さんが立ち上げているセレクトショップはあくまでパリをイメージしたものでお店の外観もパリに似せて作られています。そのディレクターがハワイに移住するのはなんだか面白い気がしますね。

◼︎ まとめ

モデルの梨花さんがこんなにも壮絶な人生を送っていたことを知る人は、まだ一部なのではないかと思います。梨花さんが語るご自身の人生観や今までの人生を振り返ると、確かに世の中の女子に絶大な人気を誇っているということが理解できます。

今は1児の母である梨花さんですが、これからも今と変わらず、天真爛漫な梨花さんでいてほしいです。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
要潤の妻・松藤あつこはやり手の実業家で年収7千万!でも黒い噂って…?
整形は当たり前?整形した疑惑の芸能人の顔まとめ
やっぱりカズレーザーはやばかった…ちょっとクスっとくる芸能スクープまとめ

《偶像日本キュレーション部》

ルコック スポルティフ、2014年のブランドキャラクターとして梨花を起用

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。