れいさんキス失敗!『世界一難しい恋』デートスポットのみなとみらい観覧車が最近パワーアップしたって本当?

 - 2016春ドラマ, Holiday, ロケ地 , , , , ,

観覧車

Source: http://cosmoworld.jp/renew/

25日、大野智主演の日本テレビドラマ『世界一難しい恋』(毎週水曜よる10時)が第7話を迎えた。

みささんこと美咲(波瑠)を「観覧車乗りたいんだろう!乗りたいって顔をしてるぞ!」と半ば強引に観覧車デートに誘うことに成功したれいさんこと零治(大野智)。観覧車と言えば「頂上でキス」だが、意識しすぎるあまりかえってぎこちなくなってしまい、完全にタイミングを見失ってしまう。そして観覧車が地上に戻ってきたときの、まさかの「もう一回乗ろう!」発言には多くの視聴者が笑わされた。今回もれいさん節がたくさん散りばめられた大人気ラブコメドラマのセカムズ。

零治と美咲がデートしていたこの観覧車。横浜みなとみらいの「コスモワールド」にある大観覧車であることは多くの視聴者の知るところではあるが、実はこの大観覧車、今年春先にリニューアルオープンしていたことはご存知だろうか。

大観覧車「コスモクロック21」は、1989年の横浜博覧会に際して誕生した。実は遊園地・コスモワールドの中に観覧車があるのではなく、観覧車のあとにコスモワールドができているのだ。かつてはギネスブックにも登録されたほど、定員480名で地上112.5mの大観覧車は、れいさんがキスに踏み切るにはあまりにも短かった15分という時間をかけて1周する。観覧車の中央にはコスモクロックの名を象徴する大きなデジタル時計が設置されており、横浜みなとみらいのランドマークの1つとして際立った存在感を示している。

そんなコスモクロックは、誕生からおよそ27年の2016年、今年3月に照明、イルミネーション、時計パネル全てをフルカラーLEDにリニューアルしたという。LEDに変更したことで役1670万という色を表現できるようになり、万華鏡や花火のような繊細な演出をすることが可能になったのだ。まさに光のアートというべき繊細かつ豪華な演出は、みなとみらいの夜景をさらに魅力的に演出している。コスモクロックのイルミネーションは日没後から24時まで点灯しており、毎時0、15、30、45分に約6分づつイルミネーションショーが行われる。

コスモワールドは、日によって異なるが、毎週末と夏休みシーズンを除いてはドラマの中同様21時に閉園してしまう。零治のようなタイムオーバーにならないように余裕を持って遊びに行きたい。


【この記事を読んだあなたにオススメ】
【5/24更新】2016年夏ドラマまとめ 湘南での恋物語から、本格サスペンス、サイコホラー作品まで!
ドラマ『毒島ゆり子』に登場のあのカフェでクロワッサンデートはいかが?
ダコタ・ローズ、"極上"美脚に大反響でリアルバービーいまだ健在 JIMMY CHOO20周年パーティーまとめ

《偶像日本編集部》

観覧車

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

偶像日本の最新の話題をお届けします。